海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



今日は豪華ですお
レオ様お嬢カーダシアン家が一挙に登場です。
(ちなみにこのブログでお嬢と言ったら
美空ひばり師匠ではなくパリス・ヒルトンです)
LeoKim n Paris
仲良しのフランキー・デルガドのお誕生日会に招かれたレオナルド・ディカプリオ
でもそこで誕生日会のDJが「一応」カーダシアン家
ブロディ・ジェンナーであることを知ります 

ちなみにブロディ・ジェンナーは、キム・カーダシアンの継父の
ブルース・ジェンナーとリンダ・トンプソンの息子なので、
キム・カーダシアンとは一切血が繋がっていません。
おーい山田君、カーダシアン家の家系図持ってきてー 
Frankie Delgado_Brody Jenner
そしてお誕生日会に『Keeping up with The Kardashias』
(キーピング・アップ・ウィズ・ザ・カーダシアンズ)のTV番組の撮影クルーがいて
お誕生会の様子をTVショー用に撮影(収録)していることを知ったレオ様
収録が終了するまでお誕生会への入場を頑なに拒否 

元々むやみに撮られること自体を嫌うレオ様ですが、
特にカーダシアン家の番組なんて冗談じゃないと拒絶。
その頑なさが

そしてもう一人、レオ様同様に拒否をしたのが、
同じくお誕生日会に出席予定だったパリス・ヒルトン嬢。

パリス・ヒルトン
キム・カーダシアンもリアリティ番組で売れっ子になった
お嬢様セレブです(パリスが最初だけど)。
同じ穴の狢で昔は親友だったパリス・ヒルトンキム・カーダシアン、
今は険悪な仲でお互いチクリ合いやら牽制し合いやらやってます。
またキム・カーダシアンの顔が今と違うけどもだな
Paris n Kim
お嬢もレオ様同様『Keeping up with The Kardashias』の収録を行ってると聞いて
直前にドタキャン。
パリスって出たがりなイメージがあったけど意外と分別があるのうと感心
ちなみにパリス・ヒルトンブロディ・ジェンナーは前にお付き合いしてましたな。
おーい山田君、カーダシアン家の恋愛相関図もってきてー 

そんなこんなで今日の単語はパリス嬢が行ったditch、ディッチ。
動詞のスラングでブッチするサボる見捨てる異性をふるなどの意味があります。
ディッチ=ブッチで覚えやすいでそ?
お騒がせカーダシアン一家のせいでパリスにはditchedされ、
レオ様ともすったもんだがあったお誕生日の主役、
フランキー・デルガドが1番可哀想
でもパリスレオ様もよくやった 
よーしよしよしよし

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック