海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo
お騒がセレブ代表パリスヒルトンの弟コンラッド(20)が再登場。

 コンラッドヒルトン
初登場は  こちら

今週の月曜に逮捕されちゃったコンラッドヒルトン 

罪状は、去年の7月にロンドンからLAまでの国際線の飛行機の中で
大声で以下のような暴言を叫びまくって他の上客を脅し、
キャビンアテンダントの顔面の真横の機内の壁を殴り、
機内の子供たちを泣かした、という罪です 

"I will fcking own anyone on this flight, they are fking peasants!”

「おまいら全員、オレサマのしもべにしてやるー
この平民どもめがあ

また別の目撃者によると、コンラッドヒルトンはキャビンアテンダントの
胸ぐら(シャツ)をつかみ、

"I could get you all fired in five minutes. I know your boss! 
My father will pay this out. 
He has done it before. Dad paid $300k last time!"


「おまいら全員、5分でクビにできんだぞ おまいらのボスに言いつけてやる
オレサマのパパはなんでも金で解決できるんだ 
オレサマのパパは前も3千万(円換算)払ってクビにさせたことあんだぞ

と脅したそうな 

笑いごとじゃないけど、アホすぎて笑ってしまいますな。
脅しの内容が小学生以下ですなぁ 

前回コンラッドパリスの父リックヒルトン
日本円にして3千万円払って解決だかクビにした件というのが
どの件のことを言っているのか良く分からないけど、
親バカなんだろうなというのが伝わってきます。
photo
ほいで騒ぐだけ騒いだコンラッドヒルトン
この直後に自分の座席でグースカ眠り込んだところを
機長がクルーに指示をだして、コンラッドを手錠で座席に拘束したそうな。

ロサンジェルスに到着後、ただちにリハビリ施設に搬送されたそう 

コンラッドヒルトンの弁護士は、搭乗前に服用した睡眠薬のせいで
いつものコンラッドではなかったと弁解。

いやいや、いつもがこれでしょ 

ちなみにコンラッドヒルトンが飛行機で暴れるのはこれが初めてではありません。
もしかしたら飛行機が嫌いとか高所恐怖症とかなにかあるのかも 
だから異様に興奮しちゃうとか。

もちろんそれだけじゃないだろうけど

ヒルトン家のお食事会。
左からパリス、コンラッド、バロン、ニッキー、おとん&おかん。
photo
ということで本日のスラング英語はコンラッドが吐いたpeasant
直訳はお百姓さんとか農業の人のことですが、
教養がないとか無知とかハイソではない人を侮辱する可算名詞です。

コンラッドはおじいちゃんのおかげなだけなのだけれども、
自分はセレブで上流階級と勘違いして、庶民をバカにしているので
機内の上客全員をpeasants呼ばわりですね 

だったら民間機なんて乗ってないで、おとんにプライベートジェットでも
買ってもらいなさいと言いたいのでありました 

パリスヒルトン、友人の腕に自分のフルネームサインをタトゥーで彫るハロウィンの無礼講

猫耳DJのパリスヒルトン、ルイスハミルトンと豪遊も珍ミス披露

パリスヒルトン、大富豪の彼氏トーマスからベンツのゲレンデ贈呈

 
 パリスヒルトンの心に沁みる人生の格言・深イイ名言はこちら

 パリスヒルトン新恋人大富豪トーマスの詳細とキス写真

  ムツゴロウさんもびっくり、パリスヒルトンと愉快な仲間たち

  パリスヒルトンの100万円の世界最小ティーカップポメラニアン

 パリスヒルトン彼氏は18歳の日本在住モデル。親は麻薬取引で有罪 

その他パリスヒルトン・ネタはカテゴリ内にたくさんあります 
 
 

ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック