海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
On The Road Again』ツアーで世界各国を行脚中のワンダイレクション

3月21日と22日はフィリピンのSMモール・オブ・アジア・コンサート・グラウンド
とやらで公演予定とのことですが、ここにきて入国拒否ピンチの可能性が 

フィリピンのLaban ng Pamilyang Pilipinoという民間組織が、
移民局に
1Dメンバーのゼインマリクルイトムリンソン
入国前の薬物検査を要請したんですな。

フィリピン、行ったことすらないので
どういう位置づけの組織なのか分かりませぬが、
アンチドラッグの民間組織のようで、しかも今回の件ではかなり本気のご様子。

去年夏のペルーだったかでの、ゼインマリクルイトムリンソン
マリファナ喫煙疑惑写真を使ったポスター(広告)を
ソーシャルメディアに載せ、

"No drug test, no entry"
「ドラッグテストなしでは入国お断り 」と政府(移民局)に訴えています。
photo
去年11月のゼインマリクがアメリカの生放送出演を
体調不良でドタキャンした際の( こちら
ドラッグ疑惑騒動も原因のひとつでしょう 

こちら  の薬物使用疑惑騒動では、
根も葉もない噂とかなりご立腹だったゼインマリク

身の潔白を証明するためには、今回の薬物検査要請は
良い機会だと思うので、お薬を使っていないというのであれば
快く引き受けるべきだと思います。

 続報:ゼインマリク浮気騒動でフィリピン入り前にツアー降板…
もしや薬物検査回避のため?は  こちら

もしお薬を使ってるよーって状態だと、使用期間となにを使ったかにもよるけれど
フィリピン入りまでの1週間では、体内から抜け切らないブツもありますね… 

でも実際本当に薬物検査が行われるかどうかはまだ決まっていません。
この組織が移民局に要請している段階なので。

フィリピン政府も、薬物検査なんかして万が一陽性反応が出て
1Dのコンサートが中止になったりしたら経済的損害がすごいよー 
とかって思って、薬物検査なんて必要ございやせんってなるかもしれないし 

ワンダイレクションのお偉いさんの権力がすごかったら
うまく交渉してドラッグテストを実施しない方向にもっていけそうだし 

ということで本日の英語表現は、1Dの場合は確定していないけれども
undergo a drug test薬物検査を受けるです。

 ゼインマリクワンダイレクション脱退でハリーがステージで号泣はこちら

 ルイトムリンソンが4年越しの彼女エレノアと破局は  こちら



にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック