海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
再びジョニーデップ(51)がご登場。
先日の、愛犬2匹の安楽死騒動(こちら)の続報です。 

パイレーツオブカリビアン5』の撮影のために
ゴールドコーストに滞在中のジョニデと嫁アンバーハード

オーストラリア入りする時に不法入国させていたことがバレた
ジョニデの(てか嫁アンバーハードの)愛犬のヨークシャテリア2匹は、
無事に殺処分を免れて、チャーター機でアメリカへ帰国しました 

ちなみに愛犬2匹のためにジョニーデップがチャーター機代として
使った金額は$320,000と言われています。

ざっと日本円にして3200万円です 
photo
わんころ2匹だけでチャーター機でアメリカへ帰国したのが先週末。
今週水曜になって、アンバーハードも愛犬たちを追ってアメリカへ帰国。

ぶっちゃけ、嫁アンバーは映画の撮影があるわけでもないし、
ヨーキーたちと一緒にチャーター機に乗って
アメリカへ帰国すりゃ良かったのにって話ですよね。

愛犬だけ先に飛行機で帰す方が、よっぽどかわいそうだし
真の愛犬家だったらそんな無責任なことしないと思います 

まあなんらかの事情があったのかも分かりませんが、
とにかく愛犬たちに遅れをとって、帰国したアンバーハード。

ほいで今度はジョニーデップが、今週中にも嫁を追って
アメリカへ帰国するらしいという噂が流れています 

新婚ホヤホヤのアンバーハードと離婚の危機を打開するために
後追い帰国だなんだって騒がれております。

20歳以上も年下の若い嫁をもらってジョニデも大変なんかしら 
photo
べつにジョニデが後追い帰国だろうが何も問題なくね?
と思ったかた、問題大ありです。

なぜならジョニデは休暇中ではなく、
パイレーツオブカリビアンの撮影真っただ中だからです。

ジョニデが帰国すれば、映画の撮影が再び中断されて、
みんなに迷惑がかかるからです 

再び中断ってのは、3月にも一度ジョニデのせいで撮影がストップしています。

ジョニデが手の緊急手術のために、アメリカへ帰国したからです(こちら)。

以前の記事で述べたように、この手のケガは撮影中のケガではございやせん。
噂では、ジョニーがパーティー中(遊んでいる時に)ハメを外して
怪我をしたという噂です。

また、手の怪我ってのはカモフラージュで、
実はリハビリ施設に入るためだったなんて噂もまことしやかに流れております。

どこまでが事実だかよく分からんけども、まあなんにせよ、
おっさん いい年ぶっこいて何やってんだよ  って話なのでありました。

 ジョニーデップの最新すさまじい劣化写真はこちら

  リリー・ローズ・メロディのラブマガジン表紙

 嫁アンバーハード、正式に起訴。有罪なら懲役10年も。  こちら

ということで本日のスラング英語は pooch プーチ。
わんちゃんという意味で可算名詞なので、
ジョニデの今回の騒動では2匹なので pooches

 プーチンはんを試食中のプーチ―ズ。
photo

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック