海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
久々のカーダシアン家からブルースジェンナー(65)がふたたびご登場 

日本では対して有名ではないので誰やねん  な方、
一言でいうとキムカーダシアンの養父です。

養父、つまりは血は繋がっておりません。

ブルースジェンナーが何者か詳しくは
人身事故の記事(こちら)で紹介済み。

ブルースジェンナーキムカーダシアンの実のおかん、
クリスジェンナーと結婚していたわけですが、

だいぶ前からマニキュア塗ったり、お化粧したり、
整形手術を繰り返したりで女性化が話題になっていました(こちら)。

2013年からクリスジェンナーと別居していたブルースジェンナー
ついに2015年3月に正式に離婚が成立したばかりです。

ほいで4月にはアメリカABCのインタビュー番組で、
性同一性障害であることを告白。

まあいまさら誰も驚かなかったわけだけれども 
これまでの苦労を語り、視聴率は爆発的に良かったんですな。

私も途中ちょこっとだけ見ました。

そんなブルースジェンナー、この度「ケイトリン・ジェンナー」という
女性に生まれ変わってヴァニティフェアの雑誌表紙デビュー 
photo
ケイトリンちゃん65歳、キレイっちゃキレイ 

まあたとえキレイだとしても、美容整形手術のおかげなわけですが… 

元オリンピック陸上選手だけあって、かなりたくましいイカリ肩 
ウエストラインはかなりくびれていてキレイだけど
フォトショップ修正なんかな?

撮影は写真家のアニーレイボヴィッツが担当。

トラッシーランジェリーの200ドルのコルセットで
ヴァニティフェアのカバーを飾ったケイトリンちゃん

"Call me Caitlyn"


「ケイトリンとお呼びっ
と書いてあるけれども、そういうプレイかなにかでしょうか  

熟女キラーたちはウホウホ喜んじゃう感じでしょうか  

通常ケイトリンはKaitlynとつづりますが、カーダシアン家のシンボルのK
混同されたくなかったそうでスペルはあえてCaitlynに。

ちなみにケイトリンちゃん、このVANITY FAIRで表紙以外にも
22ページだったかに及ぶ写真とインタビューの特集を組まれておりやす。

そこで3月15日に女性顔にするための美容整形手術をしたことを告白。

10時間に及ぶ大手術だったようで、手術後はパニック障害に
1回なりかけたことを告白 

そんなケイトリンちゃん65歳は、女性として生まれ変わった記念に
フェイスブックやらツイッターやらのアカウントもケイトリンジェンナーで作成。

ツイッターに関していえば、たった4時間で100万フォローを突破し
オバマ大統領の記録を抜いちゃうという偉業を成し遂げた
ケイトリンジェンナー嬢なのでありました 

まあ本来の自分(女性)として、老後を自由に生きていけるとよいですね 

下はFacebookのケイトリンジェンナーのページです。
photo
ということで本日の英単語は、2日続けてattention seekerにしたろか
と迷ったけれども feminizationで。
feminize 女性化するの名詞系で、女性化ってやつですな。

ブルースジェンナーが受けた女性っぽい顔にする整形手術は
face feminizationとかって呼ばれたりします。
男顔でお悩みの方はぜひお試しを 

 キムカーダシアンのマタニティヌード&衝撃・激太り水着写真は こちら

 キムカーダシアンのお尻ヌード・お尻整形ビフォーアフターは こちら

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック