海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
去年結婚したジョージ・クルーニー(53)と、
人権派弁護士として国際的に活躍する妻アマル婦人(37)がご登場。

イギリス・バークシャー州の17億円  といわれる豪邸を
大改築・リフォームしている夫妻。

豪邸にはヨークストーンを敷きつめたプールやテニスコート、
12席を兼ねたホームシネマ(映画館)を完備。

豪邸をぐるっと360度で監視できるように
監視カメラも何台も設置されています。

んが。
この大々的なリフォームにに憤慨しているのが、
この地域に暮らす隣人、ご近所の住民たちです 
photo
写真をみても分かるとおり、
もはや商業施設の大型建築現場のように
大々的なリフォームが行われているのが分かります。

毎日大型トラックが何十台も出入りし、豪邸改築の資材やら
重機やらを運び入れ、騒音やら大気汚染も相当なもの。

また、もともと静かだった町というか村?の
景観も損ねてしまっているわけです 

毎日この周辺を犬の散歩で通っていた住人は、
「とてもじゃないけれども犬を連れてあるける状態じゃない 」と憤慨。

この地区に20年以上くらしている村人 なんかは、
「地域住民への配慮を欠いた行為で、カオスだカオス 」と怒り心頭。
photo
地域住民の怒りも当然っちゃ当然ですな。

ジョージクルーニーは慈善活動にも熱心と言われ、
アマル婦人は人権派弁護士、人道主義者としても著名で、
シリア問題でもその貢献度を評価されたりしているわけですが、

でも公の場に登場する時は、高級デザイナーズブランドのドレスやら
貴金属で常にキレイに着飾って、
バカンスは常に高級リゾート地、住まいはこんな豪邸って
真の人道主義者といえるのか  とかなり疑問です。

私はこのカップルのことは、前からちっとも好きになれません  

ジョージクルーニーはギャラが破格の高額なことで有名だし、
アマル婦人は、確かにお仕事では多くの人々を救い、
素晴らしいかもしれないけれども、ビジネスとして割り切っていそう。

400万人を超えて世界的問題となっているシリア難民のことを考えたら、
真の人道主義者だったら、自分たちだけ贅沢な暮らしをたのしみたいと
思わないし思えないと個人的には思います 
photo
ということで本日のスラング英語は、
この豪邸の改築現場に大量に出入りしている lorry

ブリティッシュ英語のスラングで、トラックという意味の可算名詞です。

ジョージクルーニー、パパに?アマル夫人が人工授精で双子を妊娠の噂


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック