海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
コンサートツアーのため、オーストラリアに滞在しているらしい
ジャスティン・ビーバー(21)が
ファンのからむお騒がせネタ2つをひっさげてご登場 

日曜日にメルボルンに到着したJB

移動中の車内から撮影したスナップチャット
(ミランダカーの彼氏が開発した動画アプリ。詳細は  こちら)の
60秒に及ぶ動画を公開。

んが。
その内容はなんとファンに対しての不平不満 

動画の中ではささやくような声で下記のように不満をちんたら。
下記はその不満の一部です 

"If I'm walking somewhere or arriving somewhere
and you guys are asking me to take a photo, if I don't respond,
if I continue to keep walking,

the likelihood is that I probably don't want to take a photo at that moment.

If you start screaming louder that's not going to make me take a photo more"


「ぼくが街を歩いている時や、どこかに到着した時に、
きみたちが『写真、撮ってください』って来て
ぼくが無視したり、立ち止まらずに歩き続けていたら、

それはおそらく、その時ぼくは写真を撮られたくないってことだよ。
だからきみたちがどんなに大声で叫んだとしても、何の意味もないし
写真を撮る気になんてならないからムダだよ

ぶっちゃけ、何様なんだって話ですが 

でもまあ確かに、ところかまわずスマホのカメラを振りかざして
追いかけてくるファンにウンザリしちゃっているのかもしれません。

そんなJBですが、同日の日曜の夜のパーティーでは
ちょっとした一悶着があったご様子 

自称モデルのベイリー・スカーレット(18)が、
報道番組のインタビューで涙ながらに語ったのは、JBのパーティーにて、
飲み物(カクテル)にドラッグを入れられたという恐怖体験。
photo
ベイリー嬢の証言は以下のとおり。

日曜の夜、ジャスティンビーバーのレコーディングスタジオでの
打ち上げパーティーに招待された、モデルやら可愛いオネーチャンたち。

スタジオに着くと、携帯電話を没収されたのち、
JBに紹介されたベイリー嬢

ウォッカとレモネードを注いで自分の飲み物を作るようにいわれ、
そのカクテルを飲みながら、他のモデルたちと談笑し、
JBとショットを交わしたとのこと。

おかわりのカクテルを注がれたところで、
急激に酔いがまわり、気分が悪くなったベイリー嬢

視界がぼやけ、唇や手、つま先が無感覚になり、
支離滅裂になってとっても恐くなり、JBにそれを告げると、
JBベイリー嬢の横に座り、

「ぼくの目を見て、大丈夫だから。深呼吸をして。
きみはパニック障害を起こしているだけだから」

と諭しだしたといいます。
ちょっぴり宗教の洗脳っぽい諭しかたです 
photo
その間に、他のモデルやらオネーチャンたちは部屋から退出させられ、
ベイリー嬢の意識がもうろうとしていく中、JBがお付きの人に、

ベイリー嬢は自分にかまって欲しくて演技をしているだけで、
気分が悪いなんてフェイクだから帰すように言ったそうな。

しかもJBは気分の悪いベイリー嬢に向かってキレだし、

「ドラッグなんて入れるわけないだろ 
ビーバーフィーバー(ビーバー熱)にかかっただけだろ 」と言ったそうな。

けっきょくベイリー嬢の様態がかなり悪くなったために、
JBのお付きが救急車を呼び、警察もかけつける事態に。

んが。
正面玄関から出ると、外で待っているファンたちの目にとまって
騒ぎになるからということで、裏口から出るように
JBに強要されたというベイリー嬢

JBの命令を無視して、正面玄関から出たものの
表で倒れて、外にいたファンたちが大騒ぎする事態になったそうな。

かけつけた救急隊員からは、薬物を混入されたに違いないといわれたものの、
セレブがからむパーティーでは日常茶飯事なので、
どうすることもできないよ  といわれたそうな。

その後救急車で2つの病院をたらい回しにされ、処置を断られたので
自分でドラッグテストを受けて、JB(もしくはその仲間)の
薬物混入を証明してやる  と意気込んでいるベイリー嬢でありました。
photo
アヒル口でセルフィを撮ってる女子は信用できないので 
ぶっちゃけ、どこまでが本当の話だかは謎です。

もしかしたら、全部本当かもしれないけれども、
2つの病院が処置を断ったあたり、大したことなかったとか 

自称モデルで、お金をもらって報道番組のインタビューに出演して
アレコレ喋っているので、売名行為の可能性もあります。

といことで本日のスラング表現は have a go at someone
誰々に向かってキレる痛烈に批判する文句を言うという表現です。

 ジャスティンビーバー怒ってコンサート&ラジオ番組を途中退場こちら

 元カノ・セレーナゴメス、ジャスティン似の
元彼デヴィッドヘンリーと再会デートは  こちら

 ジャスティンビーバーとナイルホーランの
マリファナ喫煙疑惑写真 こちら

 ジャスティンビーバーが広告塔、宗教ヒルソング教会は  こちら

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック