海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
ボラボラ島での全裸流出写真騒動( こちら)が記憶に新しい
ジャスティン・ビーバー(21)がキレ芸をひっさげてご登場 

ジャスティンビーバーはアソコだけじゃなくて、態度もデカかった 
とかいう不謹慎な下ネタはさておきまして… 

新アルバム『パーパス』のプロモで
ヨーロッパに滞在中のジャスティンビーバーことJB

木曜夜にノルウェーのオスローで行われたコンサートを途中退場しました 

騒動の発端は…
ファンがJBのステージ上に飲み物をこぼしたんですな。

ほいで滑ると危険ということで、JB自らステージを拭き拭きしたのですが
(てかエライ  いつぞやの爆笑マライアキャリー  こちら と同じ

最前列のファンたちが、お掃除で忙しいJBの足を
つかんだりして邪魔をしたのです。
photo
JBは「やめて」とお願いしたものの、
ファンたちはお触りの邪魔をやめなかったのでキレたJB

"Yeah, I'm done. I'm not doing the show."
「てか、やめた  コンサートは終わりね

と言って、そのままコンサートのステージ上から退散。

その後、インスタグラムにて謝罪したJB
気持ちは分かるものの、大人気ないですな。

それにお行儀よくしていた残りのファンたちまで、
コンサートが途中中止になってしまって、迷惑がかかってしまいました 
photo
カッとなって途中退場なんてしてしまったJB
イライラの限界がMAXになってしまっているご様子。

というのも、このコンサートの前日の水曜日には、
スペインのラジオ番組にゲスト出演。

んが。
そこでも一悶着があり、その様子が動画で収録されていました。

動画はすぐ消されてしまうと思うので載せません。

何があったかってーと、
ラジオのパーソナリティーのぶしつけな質問というか発言に怒って、
JBがその動画収録中、つまり番組の途中で帰ってしまったんですな。

ジャスティンビーバーを擁護する気はないのだけれども、
動画をみたけれども、かなり失礼なパーソナリティーたちでした。

まあラジオの出演者たちはスペイン人3人だったので、
あれがラテン系のかたたちの、フツーの態度っていえばそれまでだけど 

JBには通訳がついていなくて、そのJBの目の前で
スペイン語でベラベラ自分たちだけで盛り上がっていたのも失礼だし、

片言の英語でJB

「ネットが炎上するくらいの、すごい動画を撮りたいんだよね

つまりは『そのためにジャスティンビーバーを
自分たちのラジオ番組に呼んだんだ』という主旨の発言をし、

それに切れたJBが、そのまま席を立って退場する姿が
動画に移っておりました。
photo
JBの気持ちも少し分かります。
動画アクセス数のために利用されたって思っちゃったんでしょうな。

でもお金をもらってお仕事をしている以上、
いくら腹が立ってもグッと堪えないと…

ってJBじゃなくても21歳じゃムリか 
自分でも21くらいだったらムリだったろうな 

とまあ、そんなこんなで我慢の限界で
キレやすくなっているジャスティンビーバーでございました。

ということで本日の英語表現は、コンサートを退散の際に
ジャスティンビーバーが吐いた I'm done

物や人にウンザリした時、例えば「もうアンタとは無理 」とか、
「こんな会社、辞めてやるー 」とか、

自分の我慢の限界を超えて「もうナイな」って時に
終了~  の意味を込めて使うフレーズです。

  ジャスティンビーバー、酷かった少年時代を元近隣が暴露

 ジャスティンビーバー、セレーナゴメスにホテルのバーで
ラブソング熱唱とツーショットは  こちら

 ボラボラ島で下半身ブラブラのジャスティンビーバーは  こちら

 歌いながらモップでコンサートステージを掃除する
爆笑マライアキャリーは  こちら


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック