海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
お久しぶりのクロエ・グレース・モレッツ(18)のご登場 

来年1月号の雑誌『Nylon』(ナイロンマガジン)で
表紙と特集に登場するクロエモレッツ

一時の激太りが落ち着いたご様子で、少し痩せた 
アゴがシュッとしてます。
photo
特集のインタビューでは、同性愛者(ゲイ)というだけで
いじめられてきた2人の兄、トレバーコリンのために
いつも闘ってきたと果敢な生い立ちを語りました。

"The problem is we live in a society where we have to say the words,
I'm coming out."

「問題は、私たちがいちいち『カミングアウトします』って
宣言しないといけない社会を生きているってことよ」

"No one should care what your sexual orientation is,
what color your skin is, or if you're a man or a woman.

「セクシュアリティがどうだとか、肌の色がどうだとか、
男だ女だって、他人が干渉することじゃないのよ」

People would call them the F-word, and I would get so angry.
It was really hard to see my brothers be hated on or bullied,
so I stood up for them. "


「学校で兄たちは『ホモヤロー』って呼ばれたりしていて、本当にムカついた。
兄たちが嫌われたりいじめられたりするのを目の当たりにするのは、
本当に辛かった。だからいつも兄たちのために闘った」

ちなみにクロエモレッツは、トレバーコリンのゲイブラザーズの他に、
ブランドンイーサンの兄もいて、合計で兄は4人です。
photo
両親は離婚しています。

お母さんのテリは看護師で、お父さんのマッコイは整形外科医でした。

離婚したシングルマザーに育てられたこともあり、
自分は究極のフェミニストだ、とも雑誌で語っております。

フェミニストといって、女性が優位ということではなく
あくまで男女平等を訴えるフェミニストであると。

可愛いお顔に反して、とってもたくましいクロエモレッツ嬢でありました。

そういやクロエモレッツの母テリさんは、がんと闘病中という報道が
2年ぐらい前だかにありましたな。

どうなったのかしらん  お元気だとよいですな。
お顔がそっくりな母テリはん
photo
ということで本日のスラング英語は、クロエモレッツ
インタビュー内に出てきた the F-word

faggotまたはfaggotの省略の fag のことで、
同性愛の男性を指す、ゼッタイに使ってはいけない単語です 

伏字にしたいくらい、軽蔑的な単語です。
日本語でいうホモよりもひどい感じ。

クロエモレッツ、ブルックリンベッカムと破局&イケメン度が増すロメオ

ブルックリンとラブラブのクロエモレッツが入れた新タトゥーとは

  クロエモレッツ、ブルックリンベッカムを彼氏と初めて認める

クロエモレッツ、やや太り気味?私服とたらこ唇

 クロエモレッツの愛車はベンツEクラス  こちら

 クロエモレッツの年収は  こちら

 クロエモレッツの本命彼氏はブルックリンベッカムとは別?  こちら

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック