海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo
先月、劣化と最新画像をお届けしたばかりのマコーレー・カルキン(35)が
今度はパロディがかった動画をひっさげてご登場 

映画『ホーム・アローン』にて天才激カワ子役として
一世を風靡したマコーレーカルキン

25年の月日を経て、今ではすっかり
ドラッグとニコチン中毒でしか
取り上げられることがなくなってしまったマコーレー 

マコーレーカルキンの劣化はこちら

そんなマコーレーカルキンが25年ぶりにケビンとして
インターネット限定のドラマDRYVRS(ドライバーズ)で帰ってきます。

DRIVRS(スペルミスちゃいます。あえてこの綴りです)は
1話完結のウェブ限定、ショートドラマ。

この第1話『Just Me In The House By Myself』
(家に1人、おいてけぼり)にゲスト出演しているのがマコーレーカルキンです。

アメリカの配車サービスのウーバーを真似たサービス、
DRIVRSという架空の配車サービスが題材のドラマ。

第1話では、嫁に代わって無免許なのにドライバーとしてやってきた
男性をマコーレーカルキンが演じています。

第1話のフル動画はこちら  フルといっても約5分。
 

『ホームアローン』のケビンという設定ではないものの、
お客(マコーレーが無免なので、代わりに運転している)に
なんで母親からの電話に出ないのかを以下のように説明。

"How about this, it’s Christmas time. 
It’s f***ing Christmas and your whole family goes on vacation 
and they forget their 8-year-old f***ing son."


「クリスマスにだな、家族旅行に出かけるのに
8歳の息子を忘れていくような家族だ。
クリスマスなんてクソくらえだ

"All by yourself, for a week. I had to fend off my house from
two psychopath home invaders. I was just a kid,
I still have nightmares about this bald weirdo dude chasing me around."


「1週間も家にひとりぼっちでおいてけぼりをくらったんだ。
家に押し入ってきたサイコパスども2人から、
家を守るためにひとりで戦ったんだ。

8歳の子供なのにだぞ?
今でもトラウマで、ハゲのサイコパスから追われる悪夢を見る日々だ
photo
そうです。『ホームアローン』のケビン8歳が成長した
25年後の姿を描いているのが分かります。

後半は、強盗しようとした相手を逆に懲らしめるマコーレーですが、
ケビンの復讐劇みたいになっております。

ちなみにドラマ内の嫁の名前はアナで、マコーレー
「初恋の相手とは結婚するもんじゃねぇ」と言っているので、

映画『マイガール』で共演した、アナ・クライムスキーと結婚したというのが
分かる人には分かる設定になっております。

その他ドラマ内の会話や行動の要所要所に、
ホームアローンネタがちりばめられていて、
ファンにとっては嬉しい笑えるドラマとなっております 

の予定が、ファンからは
「劣化したマコーレーカルキンをみて逆に悲しくなった」の声が殺到 

個人的な感想は「マコーレーカルキンて、こんな声だったっけ?」です。
photo
ということで本日のスラング英語は、
ドラマ内に散りばめられた in-joke

仲間内やツウにしか分からないジョーク、シャレという意味の可算名詞です。

DRIVRSは『ホームアローン』や『マイガール』を
見ていた人じゃないと笑えないジョークが盛りだくさん。


「ターミネーター2」子役、エドワードファーロングの劣化最新画像とドラッグ依存


マコーレーカルキンの劣化はこちら

マコーレーカルキンの死亡説と、死んだフリ写真

マコーレカルキンと8年付き合った元カノ、ミラキュニス劣化・激太り写真

エリカ様を超えたミラキュニスの悪態つきまくり不機嫌インタビュー

ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック