海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
オアシスのボーカルでイギリスロック界の問題児、
ノエル&リアムギャラガー兄弟の弟、
リアム・ギャラガー(43)がお久しぶりにご登場 

オアシスとか懐かしすぎだけれども、
お騒がせというか、やんちゃというか、問題児のリアムギャラガー

女性関係も派手というか浮気好きというか、
現在別居中の妻ニコル・アップルトン(41)は3番目の妻でございます。

8年の交際を経て、2008年に結婚したリアムニコル

2013年に、リアムギャラガーとアメリカ人ジャーナリストの
リザ・ゴルバーニとの間の隠し子騒動が発覚し、離婚調停中でございます 

19日に行われた家庭裁判所の審議では、
裁判官が嫁ニコルに同情を寄せる発言をしました。

というのも、嫁ニコルリアムの隠し子について知らされたのは、
メディアで隠し子騒動が発覚することになった2013年の4月であり、
また当時ニコルは休暇でイギリス国外におり、リアムからの長距離国際電話にて

「ぼくは浮気をしました。ほいで隠し子までおりまして… 
と知らされたそうな。

 なんともファッションセンスのない2人!
リアムはビーチでこの格好は犯罪です。
photo
裁判官は、リアムギャラガーの総資産11millionポンド
(日本円にしてざっくり20億円ぐらい?)を等分し、
ニコルに半分の10億円を分与するように命じました。

ニコルアップルトンは、元オールセインツ(知らない)という
女性4人組グループのシンガーでしたが、
もう長いこと音楽業界から遠のいているので
自活するだけの経済力がないと裁判ではみなされたようです。

リアムにしてみれば、慰謝料で10億円も
嫁ニコルに持って行かれるのは、痛手なわけです。

まあ浮気して、家庭外に子供作っといて自業自得なのだけれども 

裁判所の言い分では、この離婚調停でも
リアムは高額な敏腕弁護士を雇っているし、
Pretty Greenというリアムのファッションブランドの収入もあるし、
オアシス時代の稼ぎやノベルティもあるじゃないか、
ということでこの金額なわけです。

しかしリアムギャラガーにしてみれば、
オアシスを再結成したいという意志はあるものの、
実際問題、再結成の見通しがたっていないことを裁判でも主張しました。

要は「だからお金がないよ、こんなに慰謝料払えないよ
という言い分なわけです。

オアシスはノベルティだけでも150億円稼いだと言われているバンドなので、
4人で分けたとしても、リアムギャラガーの総資産が20億円程度では
つじつまが合いません。

裁判所側も、「自分の収入と資産を安く見積もっている」とし、
リアムギャラガーの言い分を却下しました。

浮気者リアムの肩を持つ気はサラサラございませんが、
離婚で10億円もらえるって、ちょっと多すぎちゃいますか 
photo
ニコルも元シンガーだし、 リアムとのロックで贅沢な生活に
慣れてしまっているので、もう普通の庶民的な暮らしには戻れないので
10億円くらいないとやっていけないのかもしれないけれども 

何はともあれ、泥沼化している離婚問題でありました。

ファンにしてみれば、泥沼離婚よりも
「オアシスの再結成はないのか 」ということの方が心配?

ということで本日のスラングでもないけれども英単語は downplay
リアムの自己申告の収入の件でいえば安く見積もるとか、
物事や事態を軽視するという意味の動詞です。

 オアシスのギャラガー兄弟の不仲説はこちら

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック