海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo
グウィネス・パルトロー(43)が、背筋も凍るような
17年間に及ぶストーキング被害をひっさげてご登場 

月曜日、ロサンジェルスの裁判所に出廷したグウィネスパルトロー

今回の裁判では、2009年から2015年の間に
ダンテ・ソイユ(66)被告( 写真左)から送られた
66通の手紙での異常なストーカー行為の内容を
涙ながらに証言しました。

ちなみに、このダンテソイユ被告グウィネスパルトロー
ストーカーをし出したのは1999年から。

今回の裁判の前、2000年の裁判では
精神鑑定を受け、刑事責任能力がないとして無罪となり、
刑務所ではなく精神病院へ移送されたダンテソイユ

数年間はその精神病院で過ごしたものの、退院したのか
2009年からまたグウィネスパルトローに対する
執拗なストーカー行為を再開。

今回、2度目の裁判となったわけです。

17年間に及ぶ、嫌がらせ&ストーカー行為が
どれだけ酷かったかというと… 

1999年にダンテソイユグウィネス宛てに送った複数の小包には、
アダルト画像と大人の玩具(アダルト用品)が含まれており、

長文に及ぶ手書きの手紙には、
ダンテグウィネスパルトローを相手に妄想した
さまざまな性的行為の詳細や、

「外科用のメスにて、グウィネスの罪を裁いてやる」
といった殺人予告ともとれる内容が、
ぎっしり書かれていたと言います  

2009年のクリスマスには、
グウィネスパルトローと結婚するといった内容の
長文・手書きの手紙をイヤリングと宗教関連の本と一緒に送りつけ、

またそのグウィネス宛ての手紙のコピーを
なぜかバラクオバマ大統領と、
アンジェリーナジョリーにも送ったダンテソイユ被告

2010年の長文手書きの手紙では、
「お前は救いようがない。お前は死ななければならない
と書き、グウィネスパルトローを精神的に追い込んだダンテ

グイネスパルトローは自分と、まだ小さかった子供たちの
身の安全の保護のために、セキュリティを強化。

さらには番犬用に犬を飼い、犬の訓練士から
『噛みつけ』の命令を覚えさせる方法を学び、飼い犬に教え込み、
万が一の時のために備えていたと言います 

自分との性的描写を妄想した手紙なんて、
1通でも送られただけで吐き気がするし 
精神的に病んでしまいますな。

それが断続的であったとしても、17年間も続いたなんて、
考えただけでぞっとするし、
本当に気の毒なグウィネスパルトロー 

にしても。
完全に精神が崩壊しているダンテソイユ

これまた刑事責任能力なしで、
精神病棟に送られて、数年で退院なんてことになったら、
悪夢が再び…ですな。

ところで。
こちら  法廷画家が描写した裁判所内での
グウィネスパルトローなのだけれども、ひどい  

ひどすぎる 
photo
不謹慎だけれども、あまりにも絵が酷くて笑ってしもた。

グウィネスパルトローのお顔、あんまり好きじゃないけれども、
だからってこんなオッサンみたいな顔してないわ 

私がグウィネスだったら、この法廷画家も訴えます 

ほいじゃ本日のスラング英語は
ダンテソイユ被告まで戻って sick

通常は具合が悪い、体調が悪いという形容詞だけれども、
嫌悪感を込めての病んでいるという意味でも使えます。

精神疾患を患っている人に対して
sick というは失礼なのでいけませんが、

たとえば残虐な殺人犯とか、幼児虐待や動物虐待の嗜好があったり、
児童ポルノ愛好者などは sick 以外の言葉が見つからん 

ジョンベネ殺害事件から20年、新事実と兄バークの不適切な笑みインタビュー動画

 グウィネスパルトローの美人な娘アップル、11歳で高級エステ通い

  裁判!ブレイクライブリー、ボディダブルが不当解雇で映画会社を起訴
ブレイクほぼ演技なし映画『The Shallows』


 Sick!『glee/グリー』のパック、児童ポルノ所持で逮捕

 アシュトンカッチャー元恋人、残虐殺人事件。犯人はサイコパス

 嫌味対決!グウィネスパルトローVSブレイクライブリー

 グウィネスパルトロー、(事実上の)離婚後はお一人様の誕生日


ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック