海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo
お騒がせセレブ代表のリンジー・ローハン(29)が
イケメンな弟のコディ・ローハン(19)を引き連れて、久々のご登場 

ひどい投げキッス写真ですな、冒頭のリンジーローハン… 

日焼けしたハンギョドンかとオモタ。
とても29には見えません… 

劣化はさておきましてぇと…
妹弟が多いことでも知られるリンジーローハン
実の妹のアリローハン、実の弟のマイケルとコディローハン、

そして半分血のつながった姉アシュレイと
これまた半分血のつながったまだ3歳の弟ランドンと、
腹違いの姉弟たちをいれると、6人姉弟でございます。

そんな本日の主役は、弟コディ
キッズモデルとして表舞台に登場した経歴があるものの、
この度、正式に大手モデルエージェンシーのIMGと契約を交わしました。
photo
しかも、芸名のダコタ・ワイアット・ローハンで活動するそうな。

しかもコディ(= ダコタ)のマネージャーは、
実の母親=リンジーの母親でもあるディナ・ローハン

やり手というか、お金のためなら自分の娘を食い物にするような行動が
度々メディアに取り上げられてきた、おさわがせセレブでございやす。

SNS上には、

「苗字のローハンをとっぱらった方が身の為」

とか

「あの母親がマネージャーになったら、リンジーの二の舞ね」

とか

「自分の実力で勝負したいなら、
マネージャーは母親以外の方が良かったのでは?」

という声が多く上がっておりました。

そんなこよりも、個人的に気になって仕方がないのが、
コディ=ダコタの顔の変容っぷりです。

セピア色の写真の方の、顔のむくみも気になったけれども 
それはさておき、

約10年前、まだ9歳程度のコディの写真と比べると、
現在のコディ(冒頭のモノクロ写真)とはまったくの別人…  

面影がどこにもないような… 
photo
何が違うんだろうと見比べてみると、目が全然違うっ 

現在19歳になったコディローハン
めちゃくちゃ彫が深い顔になってる… 

加齢でこんなに変わるものか?

欧米では日本のような二重整形手術は、アジア人くらいしか
施術する人がいないのでとってもマイナーなのだけれども、
ここまで目元が違うコディを見ると、

まさか目、いじったん 
と思いたくなっても仕方ありませんな。

まあ何はともあれ、親の七光り、姉の七光りで
どこまでモデルとして成功するのかが見ものです。
photo
そんな本日のスラング英語は manito
英語ちゃうやん、スペイン語やんか~ 

スペイン語で弟をさす hermanito のスラングというか
「スパングリッシュ」バージョンの manito

の他に、弟のように可愛がっていたり
仲良しな友を指す名詞としても、(英語として)使えます 

ちなみに。
スパングリッシュってぇのは、スパニッシュとイングリッシュを
かけ合わせたものでっせ。

リンジーローハン妊娠疑惑とロシア人富豪エゴーとの泥沼破局

リンジーローハンの薬物依存を親が認める&婚約者エゴータラバソフにDV男疑惑

 リンジーローハン、ホームレスへの失言・おバカ発言でインスタ炎上

 
 劣化のリンジーローハン、太っておなかぽっこり写真

 リンジーローハンのフォトショップ修正がヘタクソ過ぎる件

 リンジーの激ヤセはドラッグではなく、チクングンヤ熱?


ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック