海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
特にネタもなかった本日は、ジャスティン・ビーバー(22)のご登場 

先日、ジャスティンビーバーの幼少期の隣人が、
少年時代のジャスティンビーバーの悪ガキっぷりを暴露し
話題になっておりました 

話題にはなっていたものの、誰も驚いていなかったという 

その元隣人はん、ジャスティンのファンからの仇討ちを恐れているので
匿名でお願いしますということですが、

まだジャスティンビーバーがスーパーアイドルになる前、
カナダ・オンタリオのストラットフォードで、
おじいちゃんのブルースと、おばあちゃんのダイアン、
そして母親のパティと一緒に暮らしていた頃の、ご近所さんです。
photo
"There's nothing good I can say about him."

「ジャスティンビーバーに関して言えば、良い思い出がひとつもない

"I'm just so glad he is gone."


「引っ越していなくなってくれて、本当に良かった」

と語る元ご近所さん。

梨をいくつもプールに投げ込まれたり、飼い猫がいじめられたり、
ピンポンダッシュをされたり、植木を倒されたりはしょっちゅうで、

ジャスティンビーバーが外で遊んでいるのをみつけると、
他のご近所さんたちに「あの悪ガキが外にいるから気をつけて
と電話で連絡網をまわしたりするほど、酷かったと言います。

  ジャイアンの臭いがプンプンします。
photo
さらに、ジャスティンビーバーのやんちゃっぷりは、
JBの母親もお手上げ状態だったらしく、母親がこのご近所さんに
謝罪にきたことは一度たりともなかったと言います 

ジャスティンビーバーのおかんパティは17歳でJBを産んで、
女でひとつで育ててきたので(祖父母がいたけれど)
躾もいき届いていなかったんざんしょうか 

と言うと失礼になりますな。
シングルマザーに育てられても、お行儀よく育つ人はたくさんいます。
photo
さらに、少年時代のジャスティンビーバーから
「家に生卵をぶつけられたことが、3度もある 」という元ご近所さん。

つまりは、ジャスティンビーバーのあの有名な生卵事件は、
少年時代に培ったJBの熟練の技だったというわけです。

ちなみに生卵事件ってぇのは、JBが2014年だったかに
隣人宅へ生卵を投げ入れ起訴され、

確か2年間の保護観察処分と、日本円にして約1000万円の賠償金を
ジャスティンビーバーが被害者隣人に支払う形で、決着した事件です。

「3つ子の魂、百まで」ということわざがあるけれども、
ジャスティンビーバーにも当てはまりますな。

ということで本日のスラング英語は、
JBの幼少期のいたずらのひとつから ding dong ditch

ding dongは日本語でいうところのピンポ~ンです。
英語だとディンド~ン  と言います。

ditch は既出だけれども、ブッチする、バックレるという意味でしたな。
つまりは ding dong ditch で、ピンポンダッシュのことです。

JBほどひどくはなかったけれども、
けっこうピンポンダッシュやっちゃいました…小学生の頃…
ご近所さん、ごめんくさい 

  ジャスティンビーバー、ファンの17歳美少女に一目惚れでインスタ炎上

 ジャスティンビーバー、バーでセレーナゴメスにラブソング熱唱& 最新ツーショット

 ジャスティンビーバーの全裸写真と新彼女?ジェイドスピアーズ

 セレーナゴメス、トップレスのインスタグラムが大不評

ジャスティンビーバー怒ってコンサート&ラジオ番組を途中退場

 美人すぎるセレーナゴメスの母親


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック