海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
久々におめでたい(?)話題。
アマンダ・サイフレッド(30)が、彼氏で俳優のトーマス・サドスキー(40)との婚約をひっさげて、お久しぶりのご登場 

口を酸っぱくして言い続けておりやすが、日本語表記ではアマンダ・サイフリッドやセイフライドなんて
テキトーに書かれたりしてますが、正しい発音はサイフレッドです。

さて。
昨年2015年の夏、オフ・ブロードウェイにて共演したことがある、アマンダサイフレッドとトーマスサドスキー。

今年公開予定のコメディー映画『The Last Word』(ザ・ラスト・ワード)の撮影後の今年の3月から、熱愛報道が浮上しておりました。
そして今週月曜日のUS Weeklyが、わずか交際6ヶ月にて婚約となったと報道しております。
photo
んが。
この交際6ヶ月というのは表向きの数字であって、実は去年からすでに交際が始まっていたのではないか、というのが世間の味方です。

去年から関係が始まっていたとして、何が問題なの  と疑問の方。
実はトーマス・サドスキーには結婚8年目になる妻がおり、去年2015年の夏に離婚を申請。
つまりバツイチ。

要は、アマンダサイフレッドが原因で離婚をした、つまりは不倫略奪愛からの婚約なのではないかと、世間では騒がれております 

みた目が超フツー(  失礼)な、トーマスの元嫁キンバリー・ホープ。
男だったら、若くて美人で巨乳なアマンダサイフレッドの魔性の魅力にクラクラきてしまっても仕方がない?

元嫁キンバリーとのツーショ。
photo
ちなみにアマンダサイフレッドが、これまでに交際してきた過去の男たちを紹介すると…
去年だったかに破局したジャスティン・ロングとは2年間交際。
その前はドミニク・クーパー、ジョシュ・ハ―ネット、リース・ウィザースプーンの元夫のライアン・フィリップ、アレキサンダー・スカルスガルドなどなど。
長身が好きらすぃ、ということ以外、特にタイプというものはないらしいご様子です 

ということで、何も思いつかなくて若干ムリクリ感のある本日のスラング英語は damage control
スラングな意味で使うと、辻褄合わせ、取り繕い、嘘、ごまかしって感じですな。

今回のアマンダとトーマスの例でいうと、「交際6ヶ月でのスピード婚約」は、不倫略奪愛(という悪い印象)を隠す、減らすための damage control といわれても仕方がない的な 

アマンダサイフレッド、新『ツインピークス』にクーパー娘役で出演

アマンダサイフレッド、不安障害で精神科通院を告白

アマンダサイフレッドの激カワでちょっぴりHな犬のフィンくん爆笑写真

アマンダサイフレッド、彼氏のジャスティンロングとツーショットはこちら


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック