海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
元ワンダイレクションのゼイン・マリクの彼女で、モデルのジジ・ハディッド(21)が激怒と肘鉄をひっさげてご登場 

ミラノ・ファッション・ウィークでイタリアに滞在中のジジハディッド。
マックスマーラのファッションショーを後にし、待たせてあった車へ、妹のベラ・ハディッドと歩いてい向かっていたところを背後から忍び寄った帽子男に、後ろから抱きかかえられるという事件が発生。

唐突に背後から抱きつかれた挙句、見知らぬ男に体を持ちあげられたジジハディッド。
驚いたもののすぐさま、男に向かって肘鉄を食らわせ、なんとか地面に着地。

それでも気が済まないジジハディッド。
セキュリティ(警護)の制止を押し切り、立ち去る男に立ち向かって行き、

"Who the fuck are you, you piece of shit!" 
「てんめー誰だ!このウンコヤロー!」と罵倒しておりました。
photo
当初、この男はジジハディッドのファンと思われていて、小奇麗なファッションに身を包んでいて、肘鉄をくらった後もニヤニヤしていたので、おそらく本人はほんの軽いイタズラ的な気持ちで、ジジハディッドを驚かせようとしたのかも知れません。

でも自分が歩いている時に、後ろから急に抱きつかれて、中に持ちあげられたら誰だって心臓が止まるほどびっくりするし、自分が女性だったら恐いと思って当然です。
下手したら、抱きかかえられている時に恐くて暴れて、地面に落とされて大怪我を追ったりする可能性だってあるわけです。

翌日になり、この男はウクライナ人の自称リポーター、ヴィタリ・セディアックと判明しました。
過去にレオ様やブラピ、ウィルスミスなど、数々のセレブリティに、空気の嫁ていない嫌がらせを行ってきた寄生中男です。


度を明らかに越えていて、男の行動はイタズラなんて可愛いものではなく、完全に暴行です。
そもそも許可なしに体に触るなんて、セクハラ・痴漢行為です。
芸能人だからって、許可もなしに体に触って良いなんてことはありません 

私も高校生の時、痴漢の顔面を学生カバンで、両腕フルスイングで横殴りにしたことがあるので(痴漢ヤローのメガネが宙を舞った)、ジジハディッドの気持ち、よーく分かります。
ジジハディッドのことを可愛いと思ったこともなけりゃ、気が強そうで性格も悪そうだなーとしか思っていない私ですら 、今回はジジハディッドに同情&完全に味方です 

男は捕まっても当然の行為をしたので、起訴されて少しは反省したらよいと思います。

さらに、ジジハディッドの周りで、携帯でセルフィーだか動画を撮り続けていたファンだかなんだかにもドン引きですな。
女の子が男から抱きつかれて嫌がらせを受けているのを目の当たりにしても、助けることもしなけりゃ、平然と携帯で撮り続けている人たちの神経がまったく理解できませぬ。
さらには近くにいたセキュリティも、立ち入るのが遅すぎだし、男を走って追っかけて取り押さえるくらいのことをしないと!

ちなみに。動画をみたところ、かなりキレイに肘鉄を食らわせていらっしゃったジジハディッド。
日頃からキックボクシングで鍛えているだけのことはあります 
photo
ということで本日のスラング英語は今回のファンの男から cross the line
直訳だと線を超える。つまりは度を超す、やり過ぎる、行き過ぎるという意味です。

ゼインマリク、「不安障害」でソロコンサートを再び中止?薬物依存疑惑

ゼインマリク、TV生放送をドタキャン。ドラッグ疑惑には怒り心頭

ワンダイレクション薬物検査。ゼインマリクとルイトムリンソンのマリファナ喫煙写真


ゼイン元カノ、ペリーエドワーズのイケメン父にボトックス疑惑

ゼインマリク、彼女ジジハディッドとのツーショをインスタ公開

ゼインマリク、ソロデビューアルバム『BeFour』収録曲とデカイ態度はこちら


1Dメンバーたちとゼインマリクが険悪な仲、絶縁状態に

ゼインマリクとペリーエドワーズの婚約破棄


ゼインマリクと2回Hしたマルティナ嬢の暴露

 
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック