海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
かなりお久しぶりのご登場はデミ・ムーア(53)。

ブルース・ウィルスと離婚後に、15歳年下のアシュトン・カッチャーと結婚したものの、これまた離婚。
その後は激ヤセが心配され、拒食症説もまことしやかに流れておりました 

そんなデミムーア、すっかり元気になられたご様子。

先週の金曜日のLAでのパーティーに、娘のスカウト・ウィリス(25)と現れたその姿は、すこしふっくらした印象?

メディアからは「デミムーア、昔と変わらず若くて美しい現在の姿。娘スカウトとは姉妹にしか見えない 」とたくさんのヨイショが。

ぶっちゃけ、どう見ても母と娘、親子にしか見えませんけど~  っつう。

そんなことはさておき。
気になって仕方がなかったのが、デミムーアの妙に浮き出た頬骨と、妙に力んで見開いている目ですよ目 

どの写真も、目元が同じように力んだ表情。
photo
若い子がこんな力んだ目をしていたら、レッドブルの飲み過ぎかしら?それともお薬(ドラッグ)でも打ったのね、と思うような不自然なギラギラした目力です。

デミムーアの場合は、瞼リフトで目が大きくなって迫力が出たのもありますが、ボトックスの副作用特有の「常にびっくり顔 」の方です。

ボトックスを打ち過ぎると表情が固まるのと、眉毛が吊りあがり目元に不自然な力みが生まれるので、常に驚いたような表情になります。
photo
うちの職場にも30代でボトックス打ちまくっている白人女子がたくさんいて、みんなしてこのビックリ顔になっております。

一見、その驚いたような表情が可愛く見えたりするのだけれども、24時間常にこのびっくり顔なので、表情から内心が読めなくて困る 

デミムーアの場合も、やり過ぎと気づいていないのは本人のみ 
気づいていても「若返り」と誉めているのはマスコミのみ。

ソーシャルメディア上では、デミムーアのビックリ顔にボトックスやり過ぎの声がたくさんあがっておりました 

 熟女フェチにはたまらない膝のたるみを披露のデミ。
てか53才でこのソックスってどうなんすか?
photo
ということで本日のスラング英語は the permanent/permanently surprised look
(このスラッシュ「/」は or と同様です)

直訳すると、永久的に続く驚いたように見える表情となりますが、これはボトックスの副作用の、上で紹介した「常にびっくり顔」のことです 

この permanent ないし permanently は死ぬまで一生、永久的に続くという意味ではなく、怒っても泣いても笑っても、常にこのびっくりしたような表情という意味の「常に」です。

ボトックスの効果が薄れてくる時間の経過とともに、この副作用のびっくり顔も元に戻っていきます。

最後まで読んでくれた方にはおまけ  

 インスタで大人気の猫のケビンくんは、ボトックスなしでも常に驚いた表情 
(実は水頭症の障害があって破棄された、元捨て猫のKevinくん4歳です 
photo

全身整形に4千万使った大物歌手の娘の残念な姿…&手術なしで唇をふっくらさせる怪しい道具エンハンサー

メグライアン、フェイスリフト失敗で笑えない顔に&自宅で簡単フェイスリフト紹介

ケイトモス最新劣化、シワシワたるみ顔写真

ベンアフレック、過剰ボトックスで関根勤そっくりの別人顔写真&動画

マライアキャリー、激ヤセするもボトックス整形のし過ぎで別人に

ジェニファーガーナー、過剰ボトックスですさまじい吊り眉写真

ケビンコスナー、ボトックス成功でイケメンに若返り

ニコールキッドマン、ボトックスでツルツルの顔と対照的なシワシワの手 

ミランダカーのボトックス写真はこちら


 
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック