海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
お久しぶりにご登場はヴァル・キルマー(56)。

古くは映画『トップガン』でトム・クルーズの同僚アイスマンバットマンフォーエバー』ではバットマンを演じて人気となったヴァルキルマー。

激太りの劣化が話題になった後は、去年12月だったかに気管切開術を受けたと見られる姿をパパラッチされ、咽頭がんを患っているのではないかという噂が広まりました 

容態が悪化し、UCLAのICUに緊急入院したという噂を過去に記事にしました。
ヴァルキルマー最新劣化写真と咽頭がん説

そんなヴァルキルマー、先週の木曜日に、がん闘病の噂が出たあと初となる公の場に登場。
そこで舞台版『シチズン・トウェイン』のツアーのキャンセルを発表しました。

『シチズントウェイン』ってぇのは、『トムソーヤの冒険』の著者マークトウェインを描いた舞台です。
ヴァルキルマーがひとり舞台で演じております。


記者会見のヴァルキルマー 
ろれつが回っていないスピーチです。
ハンカチでよだれをこまめに拭いています。
ぜぇぜぇした呼吸からも、あまり容態がよろしくないご様子。

んが、当のヴァルキルマーはよだれのことをジョークにしたりと、穏やかな笑顔にて記者会見をしておりました。

"I went into rehearsals down in Florida and started having trouble with my speech. Obviously I’m still recovering and my tongue swelled up and I cancelled the tour. So as I’m recovering I’m showing this."

「フロリダの舞台リハーサルに行ったんだけどね、うまく喋れなくなってしまってね。まだ完全には治っていないんだ、舌も腫れているし。仕方なく舞台を中止することにしたよ。まだ治りかけですよ、見てお分かりのとおり

べつにヴァルキルマーファンでもなんでもなくても、見ていて切なくて泣きそうになりました  ウルウル

 マークトウェイン(中央)に特殊メイクで変身のヴァルキルマー。
photo

病名を明かしていないことや、病状の詳細について一切語っていないことからも、ヴァルキルマーは内に秘めるタイプとお見受けします。

自分の不幸をネタに、同情を買うようなタイプでもないと思います。

よって自分の完全ではない姿、ろれつの回っていない、よだれが垂れてしまう姿なんて、きっと見せたくはなかったはずです。

セレブじゃなくても見られたくないですな、そんな姿。

それでもこうしてメディアの前に出たり、インタビューを受けたりする姿に、ファン以外の人からもたくさんのエールが贈られていました 

先日は、映画で共演したこともあり、公私共に友人であるマイケル・ダグラスが、自分が口腔がんを患った経験を引き合いにし、「ヴァルキルマーの症状は、自分が経験したものと全く同じである」。

つまりは「ヴァルキルマーもがんを患っている 」と、インタビューで勝手な独断の憶測を喋ったんですな。

たとえヴァルキルマーががんを患っていたとしても、本人の許可なしに、赤の他人が勝手にペラペラ、しかもメディアの前で喋んなっ  て話です。

その時もヴァルキルマーはフェイスブックにて、ばかちんマイケルダグラスに敬意を払いながらも、がんの噂を否定しておりました。

"I love Michael Douglas but he is misinformed. The last time I spoke to him was almost two years ago, when I asked him for a referral for a specialist to get a diagnosis for a lump in my throat, which prevented me from continuing a tour of my play Citizen Twain."

「マイケルダグラスのことは尊敬しています。でも間違った情報にて、誤解されているようです。ぼくがマイケルダグラスと最後に話したのは、2年も前のこと。喉の腫瘍の専門医の紹介状をお願いし、結果『シチズントウェイン』の舞台をキャンセルすることになりました」

ほいで、けっきょくUCLAのメディカルチームに依頼することになったこと、そして喉の腫瘍は悪性ではなかった(つまり咽頭がんではない)と、Facebookにて語っておりました。

この時も、本人でもないのに他人のプライベート、しかも病状についてペラペラ喋ったマイケルダグラス  に非難が集中。

そんなバカちんマイケルダグラスに敬意を払い、失礼のないようなコメントを公表したヴァルキルマーの神対応に、世間からは熱いエールがたくさんおくられておりました 
photo
男気のあるヴァルキルマーはんの、一刻も早い全面回復を祈りませう。
がんばれアイスマン 

ということで本日のスラング英語は、ヴァルキルマーはそうじゃないと良いな、という祈りを込めて the big c

この c cancer c、つまり癌(がん)のことです。


ヴァルキルマーの激太りとイケメン息子ジャックキルマー


ヴァルキルマー最新劣化写真と咽頭がん説

ヴィゴモーテンセンのイケメンではない息子ヘンリーはこちら

ニックノルティの衝撃劣化と、イケメン息子ブローリー 

ジャックニコルソンの劣化とイケメン息子レイはこちら

ピアースブロスナンのイケメン息子ディラン 


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック