海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo
久しぶりのご登場はジェニファー・ロペス(47)。
日本ではジェニロペ、海外ではJLo(ジェイロー)でありますが、何やらえらく若い男との熱愛報道でございます 

若い男ってぇのは、ドレイク(30)。
大して若くないけれども、JLoより17歳も年下でっせ。

ドレイクって誰?な方、カナダ出身のラッパーです Yo!

ジェニファー・ロペスといえば、離婚歴3回のバツ3、2人の子持ち。

そんな事実は本人も周りもこれっぽちも気にしておらず、常に彼氏がいるタイプでございやす。
男大好きっ  的な。

にしても今度のお相手がドレイクって…

熱愛の噂は、今月初旬からジワジワと沸き上がっておりました。
ドレイクがJLoのコンサートを立てつづけに2回も行き、打ち上げパーティーを主催したあたりから。

そして今週水曜日に、冒頭のジェニロペとドレイクが抱き合っている、意味深なツーショットがインスタグラムにアップされ、交際黙認となった状態であります。

ドレイクの手が、なかなかキレイなんですな。
親指が長いわ、と変なところに感心していた私です 
photo
にしても、こういう写真は誰が撮っているんざんしょうか 

毎度、気になるのだけれども、ジャーマネだかお付きの人が常にそばにいて、その人に「さあ撮りなさい、今よ Now 」とかって撮らせているとか?

それとも三脚を設定して、その上にiPhoneのっけて、「あたしを抱きしめている瞬間の写真を撮って、世間にラブラブっぷりを見せつけてやりましょう 」とかってタイマーで自分たちで撮っているんでしょうか。

「あたしは愛する人の腕の中で、眠りに落ちたていでいくから目を閉じるけど、あなたは片目だけカメラ目線をくれてやって」とかって。

どっちにしてもイヤだな、そんな小細工満載で写真を撮る47歳 

ちなみにドレイクの元カノで、ジェニロペのマブダチでもあるリアーナは、水曜日の前日(つまり火曜日に)JLoのインスタをアンフォロー(つまりフォローの設定を解除)したばかり 

元彼氏のドレイクが、自分の友達のジェニロペと交際している事実を目の当たりにしたくない女心でしょうか。

下は先週金曜日、休暇で友人たちとバルバドスへ向かうリアーナ嬢。

そのスッピンと私服のセンス(特に足元)は、どうにかした方が良いと思うけれども… 
photo
JLoとドレイク、長く続かないと予想。

そんなこんなな本日のスラング英語は Drizzy、どりずぃ。
スラングでもなんでもないけれども、ドレイクのニックネームです。

ジェニファーロペス、ステージ上で衣装が破れ、お尻丸出しの爆笑コント画像

ジェニロペ、15歳年下のバックダンサー、キャスパーと破局


ジェニロペ元婚約者のベンアフレック、過剰ボトックスで関根勤そっくりの別人顔写真&動画

ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック