海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo
人気海外ドラマ『24』のスピンオフシリーズ、『24:レガシー』の詳細ネタバレの本日… 

久しぶりにドラマのネタバレを書きたくなり、「悪い子はいねが~」の秋田のなまはげ並みに、「面白いドラマはいねぇが~ 」と、1月から探していたわけであります。

1月15日だったかに、アメリカでは『ホームランド』シーズン6の放送が開始。
ガンバって1話をみたのですが、おもろくなかった 

『ホームランド』といえば大昔、シーズン1をテレビで見た時に、「世の中にこんなにおもしろいドラマがあったのか」と震えた記憶があったのだけれども…

ガクブルした割に、シーズン2が始まるまでの間に熱が冷め(極度の飽き性)、けっきょくそれっきり見ていない 、その後ネタバレを書くためにちょびっとだけ見あことがある、というドラマです。

『ホームランド』シーズン5ネタバレはこちら

んが、再びガンバって視聴したわけです、『ホームランド』シーズン6の1話を。
率直に、おもしろくなかったです。1時間返せー 

クインは生きていました。
生きてジャンキーになっていました。

つまらんかったので1話以降みていないので、クインのジャンキーっぷりが本物なのか、偽りの姿なのか謎ですけれども…
photo
『ホームランド』クイン役ルパートフレンド、両足義足のエイミーと極秘結婚


そんな残念なホームランドはさておき、2月5日に放送されたのが『24:レガシー』の1話です。

オリジナルの方のドラマ『24』はどこまで見たのか、まったく覚えておりませぬが、多少続けて見ていた記憶が…

レガシーの方は冒頭で述べたようにスピンオフ作品なので、『24』のメインキャラ、ジャック・バウワーことキーファー・サザーランドは出演しておりません。
製作総指揮として製作に関与しておりますが。

『24』で個人的に好きだった、ゴリラ顔のクロエ(メアリー・リン・ライスカブ)も、もちろん出ておりません。
photo
それでは早速(やっと)本題のネタバレに…

ちなみに見てからだいぶ日が経ってしまい、ところどころ記憶が曖昧ですがお許しくだされ。
大まかな流れは合っています(多分 )、

ドラマの冒頭シーン。

とある民家の室内で、男性が縛られて暴行・詰問を受けています。
そばには射殺された妻の遺体が 

暴行したアラブ系の男たちは、室内でとあるものを探しているのですが見つかりません。

縛られている男性も、何のことだかさっぱりわからないので口を割れず、最後は

"This is for Bin-Khalid."

「ビン・カリードの仇だ」と、アラブ男から銃殺されてしまいます。

(日本語ではビン・ハーリドなんて称されておりますが、英語ではビン・カリード、ビン・カリッドに近い発音です)


さかのぼること6ヶ月前のイエメン…
テロの首謀者ビン・カリードが暗殺されます。
殺害に携わったのは、アメリカ陸軍特殊部隊の6人。

ビン・カリードによるアメリカへのテロ計画・攻撃を防いだので、この特殊部隊はアメリカの英雄として称されているわけです。

英雄扱いされている事実とは裏腹に、次に登場するエリックやベンはトラウマに苦しんでいるわけでありますが…

さて話を本筋に戻しまして、民家で詰問されて殺された男性は、特殊部隊のメンバーだったわけです。


場面は変わりまして、同じく陸軍特殊部隊で、ビン・カリードの殺害を実行したエリック・カーター(コーリー・ホーキンズ)が自宅へ帰ってくるシーン。

奥さんのニコールが出勤前のシャワーを浴びているわけです。
スクラブを着てたので、看護師でしょうか、嫁ニコールは。

エリックとニコールは、しばし浴室でイチャつくわけですが、エリックは嫁がピルを飲んでいることを知り、ご立腹。

「子供をつくる準備ができてるって、言うてたやないか~

嫁ニコールとしては、夫のエリックカーターがまだイエメンでの傷(トラウマ)が癒えていないのではないか、

「だってあなた、食欲もないし、ちゃんと寝れてもいないじゃない!」、子供をつくるのは早すぎると思ったのよ、とピルを飲んでいたわけです。

イエメンでのトラウマが癒えねん、なんつって 

なんだかんだして仲直りし、リビングで携帯を取りだし、電波が届いていないだかなんだかで(記憶が曖昧ですまそ)、エリックは自分とニコールの身が、危険にさらされていることを感知します 

ニコールを屋根裏部屋に隠した途端、敵の姿を確認したエリック。
1人応戦するも男たちに捕まってしまい、リビングで縛られます。

男たちは、ビン・カリード殺害時に陸軍特殊部隊が持ち去ったと信じているセーフボックス(金庫)を探し、殺害に加わった特殊部隊のメンバーの元を訪れ、ブツのありかを白状させようと暴行を加え、

特殊部隊たちが口を割らなければ、家族を含め最後は殺害というのを繰り返しているわけです。

これはただの復讐劇ではないと気づくエリック。

エリックもブツのありかを白状せずに、オワタ状態か!

と、ここで屋根裏部屋に隠れていた嫁ニコールが機転をきかし、危機一髪エリックは助かり、ニコールとともに自宅から逃げ去ります。
photo
エリックはビン・カリード殺害に関わった陸軍特殊部隊の6人のうち、自分とベン(チャーリー・ホフマイヤー)以外のメンバーが全員、一味に殺害されていると知り、

ビン・カリード確保・殺害計画を率いた、CTU(テロ対策ユニット)の当時(6ヶ月前)の局長、レベッカ・イングラム(ミランダ・オットー)の元へ電話し、助けを求めます。

特殊部隊のメンバーの身元や所在地が敵にバレていることから、CTU内にモグラ(スパイ)がいるとし、犯人を突きとめる決意をするレベッカ。

ちなみにレベッカの夫ジョン・ドノヴァン(ジミー・スミッツ)は上院議員で、大統領選に出馬しております。

いかにも怪しいジョンでありますが、夫の大統領選をサポートするために、レベッカはCTU局長から引退したわけであります。
photo
この前後だったか記憶が曖昧だけれども、場面が代わり、上で述べた特殊部隊の同メンバー、ベンのシーンへ。

敵が探していたブツのセーフボックスは、実はベンが隠し保管していたわけであります。

ベンは特殊部隊での過酷業務からPTSDに苦しんでいて、被害妄想もひどく、統合失調症のような妄想にとらわれていて、見た目ただのジャンキーなのでありますが、

身の危険を察知し、自宅に電話して奥さんに「お母さんを連れて逃げてくれ」とお願いするわけです。
(自分のお母さんの元(実家)へ逃げてくれ、だったか記憶が曖昧

嫁はいつものベンの被害妄想か、的な感じなのですが、

ベンは「自分にはもうおまえ(嫁)とお母さんしかいないんだ」と必死に訴えて、自分の居場所だったか向かう場所を告げて、携帯を切るわけです。

「分かったわ」と受話器を置いた妻ですが、実はベンの妻はこの時もう既に、自宅に侵入していた敵の男たちに囲まれていたんですな。

ベンとの電話で、行き場所を探るように、銃を突きつけられ脅されていたわけであります。

「ベンの居場所が分かったら、殺さないって約束したじゃない!」と訴えるわけですが、血も涙もない敵から銃殺されてしまいます。

もちろんベンは、奥さんが殺されたことを知りません 

GPSだかなんだかで、ベンの向かっている先を確認したレベッカ。
その情報を得て、エリックもその場所へ向かいます。
photo
あ、その前に。
エリックは、嫁のニコールを自分の兄のアイザック・カーター(アシュレイ・トーマス)の元へ預けにいきます。

兄アイザックがエリックに似てなさ過ぎて、まったく兄弟に見えないので気が散りましたが、アイザックとニコールは昔交際していた過去が。

しかもアイザックはドラッグディーラーで、スラム街のようなとっても怪しい地域  に住んでいるわけです。

そんなこんなで、いがみ合っている兄弟。
でもエリックには、誰がスパイだか分からない今、頼れるのは兄アイザックだけ。

というか、嫁ニコールのことすら信じられないわけです、エリックは。
信じられるのは自分自身のみ、ということでニコールすら置き去りというか、兄アイザックに無理を承知で、ニコールを預かってくれと懇願するわけです。

ニコールも最初は抵抗するものの、もう他に選択肢がないこと、エリックの意志が固いことを悟り、不本意ながらも抵抗を諦めます。

アイザックも最初は断ります。

弟に自分の彼女を寝取られて、弟は自分の元カノと結婚までしているわけです。
「どのツラ下げてオレサマにお願い事なんてしに来たんだ 」と怒り心頭で、当然であります。

しかしエリックに
「オレのためじゃなく、ニコールのために頼む」といわれ、渋々承諾…

エリックと離れ離れになるニコール。

もうひとり不満そうなのが、兄アイザックの今の彼女です。

「マジ、なんであたいの彼氏の昔の女が居候するわけぇ? 」と、言葉にこそ出さないものの、表情からキレているのが伺えます。
photo
疲れてきたので省略しまして… 

作業・工事現場のようなところで顔を合わせるエリックとベン。

ベンはもう特殊部隊のメンバーだった頃とは違ってしまっていて、エリックも苛立ちを隠せないわけでありますが、ベンが隠していた小さなセーフボックスを空け、2人で確認します。

セーフボックスの中にはUSBがあり、データというかリストが収められていたわけです。

なんのリストかってぇと、アメリカ全土に潜伏するテロリストと、テロ実行指令の暗号コードでございます。

これがビン・カリードの一味へ渡ったら、アメリカ銃でテロが起きる地獄絵でございます 

めっちゃ大事なリストなはずなのに、エリックが携帯につないだ瞬間、ロックもパスワードもなく、ズラズラーとデータが閲覧できましたけれども   

エリックカーターがリストにおののいているところへ、例のビンカリードの一味もやってきて、激しい銃撃戦へ。
逃げたり応戦しているうちに、そのUSBを落としてしまうエリック。

なんとか敵からの銃撃戦に勝ち、生き残ったエリック。
しかしベンの姿が見当たりません。

ベンもしっかり生きていて、エリックが落としたリストを拾って姿を消したわけであります。

ベンってば、一目散にトンズラ~ 

はい、最後の方はかなり手抜きしましたが、これがエピソード1、24の最初の1時間のネタバレです。

あ、忘れるところでした。
CTU内でスパイ探しを極秘で遂行しているレベッカ。

エリックを助けるために、自分の後任であるCTUの新局長、キース・マリンズ(テディ・シアーズ)にバレそうになり、キースをスタンガンでビリビリビリ~って気絶させておりました 

キースが起きた時、しかもキースがスパイじゃなかった時、ヤバくね  と心配に。

おそばせながら、こちら予告動画でございます。


ということで本日のスラング英語は、ビンカリードの残された一味が執拗に追っていたブツに隠されていたリストにあったデータから a sleeper cell

スリーパーセルというのは、潜伏しているテロ工作員のことですな。

指令を受けるまで、潜伏して生活していたり、普通の一般人としての生活を送っているわけです。
そして指令を受けると、テロを起こすわけです。

世界中にはアイシス(英語で書いて目をつけられたりしたら怖いので、日本語で書いてみたけれど何か変 )の sleeper cells がたくさんいると言われております。

みなさんの隣人も、ひょっとしたらひょっとすると sleeper cell かも知れませんよー 

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7、詳細ネタバレ!第1話『ドラゴンストーン』


『ホームランド』シーズン5ネタバレはこちら

ドラマ『BONES ボーンズ』シーズン12で打ち切り終了

「グレイズアナトミー」シーズン12最終話ネタバレ。アメリアとオーウェンの結婚式&ホラー過ぎるエイプリルの出産シーン

『キャッスル』シーズン8最終回のネタバレ。ベケットとキャッスル両方死亡?


『キャッスル』スタナカティックがクビで降板決定!シーズン9の行方


『キャッスル』シーズン8ネタバレ、ベケットと離婚の危機


グレイズアナトミー』シーズン11最終回、デレク死亡の詳細ネタバレ

『ツインピークス』新シリーズにクーパーの娘役でアマンダサイフレッド出演決定

『クリミナルマインド』シーズン11ネタバレ、モーガン(シェマームーア)降板


『メンタリスト』シーズン7最終回ネタバレはこちら

『NCIS』シーズン13、降板のトニーの最期にジヴァ復活はあるのか?

ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加