海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo
お久しぶりのご登場はスイス出身のソーシャライト、ジョセリン・ウィルデンシュタイン(76)。

何が有名な人かってぇと、度重なる美容整形の失敗が有名なおばさまです 

その整形失敗でできあがった妖怪というか珍獣のようなお顔から、愛称は「キャットウーマン」。

猫に失礼だろーっ  っつう。
ぬこに謝れい 

そんなジョセリンおばはん、水曜日のニューヨークにて、彼氏でデザイナーのロイド・クライン(50)とデート姿をパパラッチされました。

ロイドクラインは高田純次みたいなお顔なんですけれども、まあ2人して色物ですな…
photo
ちなみにジョセリンおばはんは今年1月に、自宅のトランプ・ワールド・タワーのマンションにて、ロイドクラインの顔を引っ掻き(さすがキャットウーマン!)、ハサミで切りつけたという暴行容疑で逮捕されていたんですな。

なんでもロイドクラインに、アツアツのホットワックスをぶっかけたとも言われており、暴行じゃなくて、そういう嗜好の趣味・プレイなんじゃね?と思ったりしますけれども…

何はともあれ、その暴行容疑は証拠不十分として裁判官から却下されました。
(やっぱりプレイだったんだ?)

裁判所での2人の姿(下の写真)が、これまたホラー 

ジョセリンおばはんは、劇団四季のキャッツから逃げだしてきた、特殊メイクしたみたいなお顔で、ロイドクラインの方はジョセリンおばはんに引っ掻かれたか、ハサミで切りつけられたかの傷が痛々しい…
photo
こんなんまでされて、なぜロイドクライドはジョセリンウィルデンシュタインから離れないのかというと、世間ではお金目当てなんて言われておりますな 

ジョセリンおばはんは、かつて全米一裕福な女性にランクインしたこともあるほどのお金持ち。

何で稼いだかってぇと、かつての夫アレク・ネイサン・ウィルデンシュタインとの離婚の慰謝料で、莫大な富を得たわけであります 

一部報道では、それも底をついてきているという噂ですが、まあ売れないデザイナー、ロイドクラインにしてみれば、ジョセリンおばはんは大事な資金源なのかもしれません。

お金の力ってすご~い 
photo
そんな本日のスラング英語は a paper bag job
ペイパーバッグは紙袋のことです。

直訳すると、紙袋のお仕事。
なんのことかってぇと、お顔がひどい女性のことでございます。

なんでペイパーバッグジョブというのかというと、Hをする時に、紙袋を被せたいほどお顔が酷いというのが語源です。

ひどいスラング英語ですな 

こんなん紹介しちゃいかんぜよ~って感じだけれども、何もスラング英語が思いつかなかったので、これにしました。

ジョセリンおばはん、ごめんくさい 

全身整形に4千万使った大物歌手の娘の残念な姿…&手術なしで唇をふっくらさせる怪しい道具エンハンサー

10代にしか見えない台湾美女(41)の母親(63)が、20代にしか見えないヤバイ画像

クリスティブリンクリー、63才に見えないスゴイ水着写真と娘の整形ビフォー・アフター

ベンアフレック、過剰ボトックスで関根勤そっくりの別人顔写真&動画

マライアキャリー、激ヤセするもボトックス整形のし過ぎで別人に


ジュードローの植毛疑惑。ビフォー&アフター写真で検証

キムカーダシアン、整形のお尻が劣化で尻パッド着用写真

ミッキーローク、新ヅラがポンデライオン状態で不自然に&進行する劣化


整形疑惑を断固、否定し続けるレニーゼルウィガー

ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加