海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
お久しぶりのご登場はニコール・キッドマン(49)。
熟女トップレスをひっさげております 

2月下旬からオンエアが開始となったHBOの新シリーズ『Big Little Lies』(ビッグ・リトル・ライズ)。

ニコール・キッドマンとリース・ウィザースプーン、アカデミー賞2大女優が共演するということで話題になっている、HBOのドラマです。

原作は人気女性作家リアン・モリアーティの著書で、幼稚園児の母親を持つ女性たちの闇と、保護者会の夜におきた殺人事件を描いたドラマです。

ニコールキッドマンが演じるのは、7歳の双子の母親、セレステ。

アレキサンダー・スカルスガルド演じる裕福なビジネスマン、ペリーの嫁です。

若くてイケメンで鼻血ブー(個人的な感想です)で、リッチで良き父親で…
という世間体とは裏腹に、実はペリー(アレキサンダースカルスガルド)は家庭内暴力、暴力的なSEXを嫁セレステ(ニコールキッドマン)に行っているわけであります 

日曜日に放送された第3話では、ニコールキッドマンがシャワーを浴びるシーンでトップレスを披露。

披露したかったのはビーチクはんではなく、夫ペリーから受けている暴力のあざでございますけれども…  
photo
ほいで視聴者の間で話題になっているのが、ニコールキッドマン49歳のヌードでございます。 

脱ぎっぷりがよいことで知られるニコールキッドマン。
度々映画の中でもその美しい裸体をさらけ出して参りやした。

その脱ぎっぷりは大女優になってからも変わらず…

大昔の記事で紹介したように、豊胸なので49歳でも、大胆に脱げるのかも知れませんけれども。

ファンの間では、「ボディダブルなんじゃないか?」と話題になっております。

確かにニコールキッドマン、お顔はボトックスやらフェイスリフトでツルツルだけれども、おててはシワシワと以前紹介しました。
ニコールキッドマン、ボトックス顔とは対照的なシワシワの手

トップレスシーン、豊胸チチはさておき、腕も腹回りも皺やらたるみがありません。
うーむ、やはりこれはボディダブルを起用している可能性が高いですな…

まあ正直、そんなことはどーでも良かったりします。
あたしゃ、アレキサンダースカルスガルド(やや老けたけど)を拝めるだけで満足です 
photo
ちなみにHBOのドラマなので、Hシーンやらきわどいシーンが盛りだくさんでございます 

ドラマ自体も面白いと、かなり高評価を受けているシリーズです。

ということで本日のスラング英語は、ドラマにはまったく関係がないけれども lie つながりで、 a white lie

直訳すると白い嘘。
要は罪のない嘘のことです。

例えば、同僚がありえねぇ服で出社してきた 

でも本人は「昨日買ったばかりでお気に入りなの  可愛いでしょ?どう?」とルンルン。

「う、うん。可愛い(のか?)似合ってるね…」と言ってあげるのは white lie です。

ニコールキッドマン、フィラー注入で顔がパンパン!6日間で別人に

ニコールキッドマン、アカデミー賞での変なエアー拍手の理由とは

ニコールキッドマンの夫、キースアーバンのドラッグ依存の過去をディーラーが赤裸々告白

ニコールキッドマン、老けた?痩せた?フェイスリフトの不自然なシワ

ニコールキッドマン、ボトックス顔とは対照的なシワシワの手

整形失敗のトムクルーズ、過剰ボトックス&フィラーで顔がパンパンに

 

ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加