海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo
ネタも時間もない日は、再びキム・カーダシアン(36)。

の、ツーケーネタ!(またかよっ

美容整形の大失敗が見苦しいお尻と、見苦しい言い訳・嘘で、インスタグラムから10万人のフォロワーを失ったキム・カーダシアン 

キムカーダシアン、未修正写真後に見苦しい言い訳とフォトショップ写真で、ファン10万人がインスタをアンフォロー

キム本人は「あたくし、整形したことなんてこざいません」と白々しく語っているわけですが、

キムカーダシアンの豊尻手術を以前担当したことがあるという、美容外科医のアーロン・ローリンズ氏が、そのやり過ぎっぷりを回説しております。

脂肪吸引やら注入やらを考えている人は、以下を一読!

 表情に整形臭がプンプン漂う、ドクター・ローリンズ。
photo
キムカーダシアンは『ブラジリアン・バット・リフト』という、以前回説した豊尻手術と、自身の脂肪を使った脂肪注入を度々施しているわけでありますが、

ドクターいわく、キムカーダシアンはウェストから脂肪吸引をし、その脂肪をお尻に注入したものの、セルライトがそのまま移動しただけで、醜い状態になっていると説明。

先日紹介した、フォトショップ修正なしのキムのお尻はセルライトだらけで、ガガーリンが着陸した月面よりもボコボコでした。

それもそのはず。
自分の脂肪を別の部位に移す場合、元の脂肪にセルライトがあれば、そのセルライトも移動するわけであります。

キムカーダシアンはもともと体重の増減が激しく、加えて2度の妊娠&出産で、体が膨張と収縮を繰り返しています。

よって年輪のような皺があることも、醜い仕上がりになった原因と、ドクターが語っております。

今年ロンドンにもクリニックを開業予定のドクター。

以前は「キムカーダシアンのようなお尻にして下さい」というクライアントが多かったものの、

ここ最近は美容整形業界でもキムカーダシアンの人気は降下中で、妹のカイリージェンナーのような体に仕上げて欲しいという患者さんが多いそうな。

ということで本日のスラング英語は rear ends

直訳だと、何かの後部という意味でありますが、体の部位を指して複数形で使うと、お尻、オケツという意味です 


キムカーダシアン、未修正写真後に見苦しい言い訳とフォトショップ写真で、ファン10万人がインスタをアンフォロー


整形依存のマルティナ・ビッグ、Sカップと日焼け注射の失敗写真


イギーアゼリア、豊尻手術失敗でセルライトだらけの巨大お尻画像


キムカーダシアン、お尻整形のビフォー・アフター写真

全身整形に4千万使った大物歌手の娘の残念な姿…&手術なしで唇をふっくらさせる怪しい道具エンハンサー

整形依存のジョセリン・ウィルデンシュタイン最新画像と、暴行したデザイナー彼氏とは仲直り

ファーギー、41歳のすごいビキニ姿は全身整形の賜物

キムカーダシアン、お尻の劣化をパッドで修正がバレバレな写真

キムカーダシアン、お尻整形のビフォー・アフター写真



ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック

トラックバックURL