海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo
顧客であるオーランド・ブルーム(40)とHしたのがバレ、解雇されたヴィヴィアナ・ロス(21)のご登場 

5つ星ホテル、チルターンファイヤーハウスに併設されているレストランで、ウエイトレスをしていたヴィヴィアナ嬢。

先週金曜日のシフト勤務にて、オーランド・ブルームのテーブルに飲み物をサーブ。

仕事が終わった後に同ホテル内でオーリーと遭遇し、立ち話がはずみ、誘われるがままオーリーの宿泊するスイート・ルームへ… 

オーリーの方からチューを交わしてきて、そのままベッドイン、ご挿入~!(お下品ですよー)


なんでもヴィヴィアナ嬢いわく、

「オーランドブルームはとってもナイスバディで、とってもHが上手かった

とのこと。

21歳の小娘が言う「SEXが上手い」ほど、アテにならないものはない!

てか本当に21?
老け過ぎやろ~
photo
確かにオーリーは、40代とは思えないほど、ナイスバディでしたけれども、ふるちん画像でも証明されていた様に…
全裸でボートを漕ぐオーランドブルーム、ケイティペリーとラブラブ写真

そんなこんなのヴィヴィアナ嬢、オーランドとセックスした翌日、オーリーがチェックアウトした後、真っ裸でオーリーのベッドで寝ているところをマネージャーに見つかったというんですな。

お掃除のオバチャンじゃなくて、マネージャークラスがお部屋のチェックをするんざんしょうか、5スターホテルでVIPゲストが宿泊となると… 

とにかく、数時間後にテキストメッセージ(携帯電話のショートメッセージ)にて、解雇を言い渡されたというヴィヴィアナ嬢。

解雇には傷ついたものの、オーリーとセックスしたことは後悔していないそうです。

そりゃそうですな。

ウエイトレスの仕事なんて、山ほどあるけれども、ハリウッドのイケメンスターとHするチャンスなんて、一生に一度あるかないか?

私もバイトなんかよりも、好みのハリウッドセレブとのワンナイト・ラブを取ります 
(オーランドブルームには、まったくもって興味ナシだけれども)

ちなみにヴィヴィアナ嬢、2ヶ月前に女優を目指し、ルーマニアからイギリスに渡英したばかり。

売名行為の臭いがプンプンといたしますが、良かったですな、名前と顔が一応、世間に知れ渡って 

ということで本日のスラング英語は sack

通常、受動態(be 動詞 + sacked)で使い、クビになる 、解雇される  という意味のスラングです。

ミランダカー、元愛人のアジア人が政府の資金を横領で、高級アクセサリーを返却

オーランドブルームとニーナドブレフに熱愛の噂?


オーランドブルーム、72歳の夫を持つ人妻クリスティと接近

オーランドブルームとケイティペリーの破局


愛が重い?オーランドブルームのベタベタお触り攻撃にウンザリ顔のケイティペリー&全裸再び

ミランダカー、弟マシューの同性愛結婚式に婚約者エヴァンスピーゲルと出席

全裸でボートを漕ぐオーランドブルーム、ケイティペリーとラブラブ写真

ミランダカー自宅に男侵入!警護の顔面を刺した後、頭部を撃たれ重症逮捕



ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック