海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo
お久しぶりのご登場はコートニー・ラブ(52)。

去年だったかに、ドラッグの代償&美容整形手術の失敗により、劣化しまくりのコートニー・ラブをお伝えいたしました 

衝撃、コートニーラブのすっぴんはドラッグ&美容整形失敗の代償か

そんなコートニーでございますが、演技力には定評がございまして、何やら完全復活のご様子。

今回は(ぶっちゃけ劣化のコートニーラブはどうでも良くて)、ハリウッドを震撼させた、『メネンデス兄弟』の両親殺しについて、取り上げる回です。

というのも、コートニー・ラブがメネンデス兄弟の母親キティ役で出演する、『Menendez: Blood Brothers』(メネンデス・ブラッド・ブラザーズ)というケーブルテレビのドラマが、6月11日放送予定だからです。



こういう実話、大好きなんでね、わたくし。
ジョンベネちゃんの事件しかり…

ということで、実際にあった殺人事件『メネンデス兄弟事件』をおさらい!

事件はさかのぼること1989年8月20日午後10時、ビバリーヒルズの豪邸にて起こります 

キューバからの移民、ホゼ・メネンデス(渡米後に会計士として成功、後に大手企業の重役となり財を築く)と、妻のメアリー・ルイーズ(通称キティ)が、自宅でショットガンで撃ち殺されるという事件が発生。

ちなみに夫妻には、当時21歳のジョセフ・ライル(通称ライル)と、18歳のエリックという2人の息子がいたわけですが、先にネタバレをすると、両親殺害の犯人はこの息子兄弟でございます 

左が実物の兄ライル、右が弟エリック。
photo
ホゼは後頭部を至近距離から、ショットガンで撃ち抜かれ、即死状態。

銃の音でうたた寝をしていたソファから飛び起き、廊下に出た妻キティは脚を撃たれ、自分の血で滑って倒れたところを

腕、胸、顔の数ヶ所をショットガンで撃たれ、判別できないほどの無残な姿で死亡 

その後、既に息をひきとっている両親の膝をショットガンで撃ち抜く兄弟。
これは犯罪組織の犯行に見せかけるための、カモフラージュといわれております。

なんとも無残な殺人現場でありますが、ライルとエリックの兄弟はこの残忍な殺害の後、ショットガンを破棄しにドライブへ。

その後、バットマンの映画を見て、11時47分に帰宅。

ライルが911(日本でいう110番)にて「何者かが両親を殺した!」と通報。

駆けつけた警察は、当初息子たちを容疑者と見ながらも、証拠不十分にて逮捕には至らず。

下の画像はドラマ内でのメネンデス兄弟。
photo
その後メネンデス兄弟たちは、亡くなった両親のお金で豪遊をしまくります 

ライルはポルシェとロレックスを買い、ニュージャージーにあるレストランを買収。

エリックはプロのテニスコーチをフルタイムで雇い、イスラエルのプロの試合に参戦。

2人は住んでた高級マンションをほったらかし、それぞれ別々のマリナ・デル・レイの高級マンションのペントハウスを借り、そこで生活。

母キティが生前に乗っていた、メルセデス・ベンツのオープンカーを乗り回し、夜な夜な高級レストランで食事。

カリブ海やロンドンでの豪華バカンスを楽しむという、豪遊っぷりを発揮 

後の裁判での検察側の証言によると、両親が亡くなった後のわずか半年で、2人の息子たちが浪費した総額は、日本円にして1億円を超えるそうな。

もちろん、このような豪遊は警察の疑いの目をさらに強めるわけでありますが、実際にメネンデス兄弟が逮捕されたのは、

エリックが心理学者とのカウンセリングで、両親殺害について語っていたのですが、この心理学者が自分の恋人に、このことを漏らしていたんですな。

心理学者とこの彼女が別れた後、彼女が警察に通報したことで、メネンデス兄弟の逮捕となったわけであります。

守秘義務どうのの問題やら、なんやらございますが、長くなってきたので割愛し、メネンデス兄弟は両親殺害にて、第一級殺人罪で有罪となり、兄弟ともに終身刑をくらっております。

メネンデス兄弟は裁判にて、父親ホゼからの長期に渡る性的虐待があったと主張。

もち、裁判官は2人の主張を却下。
photo
父親の悪行を見て見ぬふりを続けてきた母親キティへも、父親と同罪だという怒りなども主張しましたが、死人に口なしで真相は分からぬまま…

メネンデス兄弟は、別々の刑務所へ送られ、それぞれ独房で生活しているそうです。

ライルもエリックも、それぞれ獄中結婚やら離婚をしております。

世の中には物好きな人がいるもんで、刑務所の囚人へお手紙を送り続けたりペンパルになって、そのうちにそれがラブレターへと変わり、恋人同士となり、結婚したりする人がいるんですな。

無実を信じて疑わなかったりする人たちと、殺人などを美化し、犯罪者たちに魅了される人たちがいつの時代にもいますな…

メネンデス兄弟の事件は、そのスキャンダラスな内容から、度々映画やドラマ化されたりと、ポップカルチャーでは注目されたりしたので、熱烈なファンがいたりするんですな。

何はともあれ、ドラマは楽しみでございます。

ということで本日のスラングは、ドラマのタイトルにも出てきた a blood brother。

本来は、血の繋がりはないものの、日本語でいうところの「契り」を交わし、本当の兄弟以上の忠誠を誓った男性のことであります。

メネンデス兄弟は実の兄弟でございます。

ドラマのタイトルの方は、その残忍性から血に染まった兄弟という意味や、悪い意味でのお互いに対する忠誠心や、お互い終身刑で死ぬまで同じような人生を歩むという皮肉も込めての、『blood brothers』なんだと思われます。


衝撃、コートニーラブのすっぴんはドラッグ&美容整形失敗の代償か

ジョンベネ殺害事件から20年、新事実と兄バークの不適切な笑みインタビュー動画 

【続編】ジョンベネ殺害事件の真犯人は兄バーク、両親が隠ぺい工作の新証拠の数々はこちらから

マデリンちゃん(イギリス人美少女)失踪事件の詳細と最新情報

カルト殺人鬼チャールズマンソン、渋滞で刑務所から病院へ。息子たちの現在


新事実!マイケルジャクソン、少年愛、同性愛、未成年虐待・児童ポルノ所持の歪んだ性癖の新証拠

アシュトンカッチャー元恋人の残虐殺人事件。犯人はサイコパス

モーガンフリーマンの孫娘、残虐殺害事件、犯人は彼氏

ニッキーミナージュ、レイプ容疑で逮捕の兄に保釈金



ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック