海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo
お久しぶりのご登場はジョシュ・ハートネット(38)

水曜日、ロイヤル・アカデミー・サマー・エグジビションのプレビュー・パーティーに登場したジョシュ・ハートネット。

その昔、イケメン俳優としてブイブイ(死語)言わせていたジョシュも、すっかり 劣化し落ち着き、普通のサラリーマン状態です。

同伴しているのは、ジョシュの第二子のお子を妊娠中のタムシン・エガートン(28)。

2015年に第一子を出産し、また直ぐに妊娠中で大変なのは分かりますが…

なんちゅー格好してんねん 
photo

自作の失敗ワンピースだったりするんでしょうか?

首から下がっているのが、逆さまにした子宮と卵巣にしか見えないのは私だけ?

彼女とか嫁がこんなワンピ着てたら、怒りますよ私だったら。

でもこんなひどいファッションセンスでも、ジョシュ・ハートネットのハートを射止めたので、外野の私たちの負け 

ということで、劣化のジョシュはさておき、今回の英単語は hideous。

ひどく醜い、恐ろしい、という形容詞です。

発音はヒディアスなので、ひでぇ(酷い)と覚えればカンタンっすね。

ジョシュ・ハートネットがハリウッドから消えた理由&最新作『ペニー・ドレッドフル』

ジョシュ・ハートネット、彼女タムシン・エガートンが第1子を妊娠



ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






トラックバック