海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo
シリーズ最新作の映画『アベンジャーズ4』(仮題)から、RDJ こと、ロバート・ダウニー・Jr(52)とグウィネス・パルトロー(44)の、中年カップルがご登場。

特にネタもなけりゃ、長引く頭痛のせいで、PC画面を見るのも辛いので、ざっくりと失礼します 

公開予定は2019年と、まだまだ先の『アベンジャーズ』シリーズ第4弾。

んが、撮影は既に始まっておりまして、今回の写真は火曜日のものであります。

冒頭のツーショットは、トニー・スタークことアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)と、ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロー)のキスシーンでございまして、

RDJったら、グウィネスのプリケツをさりげなくタッチ!(タッチここにタッチ by 岩崎良美)
photo
ドスケベ ロマンチックなラブシーンかと思いきや、引きで見ると、めっちゃ近くにカメラマンやら、アシスタントやらがいて、ムードもへったくれもなくって、映画作りって大変なんですねぇ 

おや?
上の画像、ペッパー・ポッツの左手薬指に、ダイヤモンドが光っているではありませんか 

そうなんです、ついに婚約したんです、アイアンマンとペッパー・ポッツ(ややネタバレ中)。
photo
ほいで、引きでみると 「グウィネスってば、めっちゃ若けぇ」と勘違いしてしまったのでありますが、下のドアップのツーショットセルフィを見ると、中年感が否めない!

グウィネス・パルトローのことなので、いろいろいじっているはずでありますが(ボトックスとかリフトとか)、それでもやっぱり顔下半分に、老け感が漂っております。

そもそも44にもなって、まゆぜん(死語?)の前髪はあかんわって話であります。

 おばあちゃん感が否めないグウィネス 

ロバート・ダウニー・Jrにいたっては、顔が全体的に下に垂れ下がってきていて(デコがびよ~んって下に伸びちゃったみたいになっていて)、もうぞうりの裏にしか見えませんが、55才なので仕方がないです。
photo
散々言いたい邦題な本日、スラング英語はお休みしまして、日本人が間違いやすい、アイアンマンにも含まれる IRON の正しい発音をチェック!

iron の意味は鉄。
服の皺を伸ばすアイロンも同じスペルです。

ほいで日本語の発音では、 iron をアイロンと言いますな、スペルもそうなっていますしー。

んが英語では、日本語発音のアイロンと言っても通じることは、まずないっす 
Rの発音を頑張ったところで、ロンと発音しているかぎり、通じることはないでしょう 

なぜなら、iron は英語では、アイアーン。
と言っても、アーンの部分をめっちゃ短く伸ばすか伸ばさないかくらいなので、発音的にはアイアンとアイオンの中間くらいです。

よってRDJの Iron man も、アイロンマンではなく、アイアンマンとなっているわけであります。

グウィネス・パルトロー、美人な娘アップル(14)に高級エステで、親バカと大批判に

グウィネスパルトロー、17年間のストーカー被害を法廷で涙の証言

ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加