海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo
依存症ネタ続きの本日。
約1ヶ月ぶりのご登場は、バックストリートボーイズのアーロン・カーター(29)。

転落の人生 ~ アーロン・カーター物語 ~
 のパート2な本日 

前回の記事にて、美容整形と覚せい剤に依存していることを告白した、インタビューがテレビ番組にて公開されるというネタを紹介しました。

こちら  アーロン・カーター、美容整形とクスリ依存!転落人生、衝撃のビフォーアフター写真

前回の記事では、美容整形、主にフィラー注入に依存していること、そして処方箋薬のザナックスとオキシコドン依存でもあることを語ったアーロン・カーター。
photo
処方箋薬が入手できない時は、路上から違法で購入していることや、体重52キロという激ヤセっぷりに、メタンフェタミンにも依存しているんじゃないか  という憶測でした。

ちなみに激ヤセっぷりは、4月のインタビューにて、19才で診断された裂孔ヘルニアのせいで、食欲が落ちたこと、つまりは拒食症であることを告白しておりました。

私は胃腸・消化器系は専門じゃないので詳しいことは分かりませぬが、裂孔ヘルニアであれば、薬物療法やら外科手術などで治療をするはずですが、

9月のテレビ番組内でのインタビュー報道後、リハビリ施設に2週間入院したアーロン・カーター。

2週間で、約13.6キロの体重増加に成功したと、ソーシャルメディアにてその激変っぷりをファンに公開(下の写真)。

な、なんと!
たった2週間で、スマホのカバーが黒から赤へ !(そこ、どーでもいいわ!)

気をとりなおしまして… 再チャレンジ…

な、なんと!
たった2週間で、仮面ライダーのハラのようだった腹筋が、ふっくら。
お顔も若干ふっくらしております  !
photo
なんのリハビリなのか明記されていないのですが、本人としては「食欲増進、体重増加」のリハビリというアピールなんだと思います。

んが、真相はおそらく薬物を立ち切るためのリハビリ治療なんだと思われます。

本人は、治療に専念するために、完全に回復するまでは、ソーシャルメディアを絶つと宣言していたのですが、今回わずか2週間で約14キロの体重増加に成功したことが、よほど嬉しかったらしく、インスタグラムにて冒頭の写真でファンに報告したわけです。

ちなみに、当初はもっと長くリハビリ施設に入居予定だったアーロン。
なんでも「フロリダでの個人的な金銭問題」を片付けるために、やむなくリハビリ施設を出る事になったそうな。

正直、かなり心配だすよねぇ… 

長いことお薬に依存してきたわけじゃないですか。
2週間リハビったところで、これから先もクスリを使いたい衝動に駆られることが、何度もやってくると思います。

2週間クリーンでいられたからといって、リハビリを中断してしまったり、必要以上にポジティブに考えたり、興奮を抑えられずに、「短期間でこんなに変わったよ」と、しばらく距離を置くと決めていたソーシャルメディアにあっけなく再び登場する、その移ろいやすい精神状態が、最大の不安です。

前回も述べたように、幼い頃からショービズの世界にいるアーロン・カーター。

ハリウッドの大人たちのオモチャにされてきたひとりなので、そういう意味では気の毒に思うところも多々あります。

金銭問題とやらが片付いたら、またしっかりとリハビリに専念し、立ち直っていただきたいどえす。

激カワだった、子供の頃のアーロン・カーター 
photo
そんな本日のスラング英語は、既出ですがおさらいの意味を込めて rehabulous。

rehabilitation と faburous をかけた造語で、リハビリしてクリーン(シラフ)で、ファビュラス(素晴らしい)な状態という意味です。

まさしく、今のアーロン・カーターが rehabulous  を味わっている状態。

アーロン・カーター、美容整形と覚醒剤依存!転落人生、衝撃のビフォーアフター写真

バック・ストリート・ボーイズのニック・カーター、3度目の逮捕 

フィラー注入の第一人者、ミシェル・ファイファーの劣化

ニコールキッドマンの夫、キースアーバンのドラッグ依存の過去をディーラーが赤裸々告白

ニコールキッドマン、ボトックス顔とは対照的なシワシワの手

整形失敗のトムクルーズ、過剰ボトックス&フィラーで顔がパンパンに

エルヴィスの妻プリシラ、整形失敗でフランケンシュタイン状態に

全身整形に4千万使った大物歌手の娘の残念な姿…&手術なしで唇をふっくらさせる怪しい道具エンハンサー

ピートバーンズ最新劣化写真と、命を失いかけた失敗美容整形

マライアキャリー、激ヤセするもボトックス整形のし過ぎで別人に

劣化のベンアフレック、過剰ボトックスにて顔が関根勤状態の別人に

ジェニファーガーナー、過剰ボトックスですさまじい吊り眉写真



 

ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加