海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo
ハリウッド芸能ネタがないので、今日は好きなことを書いたります!(←開き直ってる)

私が10代の頃に大好きだった、サーフブランドのROXY(ロキシー)。
日本でも人気ですよね?人気「だった」?

本日はそんなROXYの創設者ジル・ドッドの、セークスとコカインに満ちた、高級娼婦ばりの半生に迫ります 
photo
ROXYは1990年に、私の第2のふるさとでもある、カリフォルニア州のハンティントンビーチで生まれた、サーフブランドです。

ブランドの創設者は元モデルのジル・ドッド、現在58才。

ジルは21歳の時、とあるパーティーで、サウジアラビアのビジネスマン、アドナン・カショギ氏(面倒なので、以降アドちゃん)と出会います。

冒頭のツーショットだと、丸くした谷村新司にしか見えませんけれども!

ちなみにアドナン・カショギ氏は、ダイアナ妃が亡くなった時に交際していたドディ・アルファイドが、甥っ子にあたります。

パリス・ヒルトンともお友達?
photo
さて、ジル・ドッドより約30才も年上のアドナン・カショギは、武器商人。
つまり兵器を国際的に売買し、巨額の富を得た億万長者だったわけであります。

21才の若くてピッチピチなジルに一目惚れしたアドちゃんは、ジルの袖をまくり、ジルの腕に自分の血で「I Love You」と書くという破天荒なアプローチに出ます 

ホラーすぎるやろー 

ジルは驚いたものの、アドちゃんのことを「面白くて、なんて可愛いことをする人なのかしら 」、と思ったそうな。

えー?ちょっと、頭、大丈夫ですかい?

私なら、「触んなハゲ!」とグーパンをお見舞いして、通報しますけれども!

アドちゃんは既に結婚しており、妻と5人の子供がいたものの、ジル・ドッドに5年間の愛人契約をオファー。

「おじさんがキミの面倒を見てあげるよ。5年間、キミが欲しいものはなんでも与えてあげよう。代わりに、ぼくがキミを呼んだ時は、ぼくの相手をするんだよ

アドナン・カショギ氏には、本妻の他に、既に12人の愛人がおり、夜のベッドのお相手は、順番制だったそうな。

こちらはアドナン氏と2番目の妻、ラミア夫人(旧名ローラ)。
photo
本妻と12人の愛人がいて、どんな頻度でこんなハゲチャビンの夜のお相手の順番が回ってくるのか分かりませぬが、想像しただけで、あっしには無理っす (←呼ばれてないから安心しろっ)

しかもピッチピチの21才の新しい愛人なんて、もう、オッサンにしてみたらたまらないじゃないですか?

冒頭のジルとアドナンのツーショット、見てくださいよ!
激カワな若いおねーちゃんと、すけこましジジーじゃないですか!

こんな可愛いジルは、アドナンのオキニだったこと間違いないので、もうそれこそ四六時中、お相手を求められたりするわけですよね… 

でも、大丈夫な人は大丈夫なんですよね、ジルのように。

"I never thought of myself as a hooker, I still don't think that."

「自分を売春婦と思ったことは、一度もないわ。今でもそう思わない」と語り、「アドナンのことを愛していたんだと思う」と語ったジル。

アドちゃんとは、コカインを一緒にキメて、何日も部屋にこもったり、Hをしたり、美味しいものを食べたり、旅行したりと、文字どおりの豪遊生活を一緒に楽しんだそうな。

アドナン・カショギ氏の愛人として、優雅で贅沢な生活を7年間に渡り送ったジル。

「自分の望んでいる生活は、別にある」と気づき、アドちゃんの元を去りました。

7年って、気づくの遅くね?
ま、要は、贅沢な愛人生活も、そろそろお腹いっぱいになってきたので、他のことがしたいなと思ったのでありましょう。

お別れの際も、きっとたっぷりのお餞別をもらったはず! 

私には、禿げのオッサンの愛人はできませんが、若かったジルの気持ち、なんとなく分かります。

全てがお互いの合意の元での関係だったので、誰からも後ろ指を指される必要はないわけであります。

アドちゃんの元を去ったあと、ROXYを立ち上げ、サーフブランドとして、大成功をおさめたジル・ドッド。

現在は結婚をし、3人のお子にも恵まれています。

58才にしては&コカインやりまくってた割には、ずいぶんとお綺麗で若いのは、美容にたんまりとお金をかけられているからでしょうか?
photo
当時のアドナン・カショギとの生活を振り返り、後悔は微塵もないと語ったジル。

ちなみにアドナン・カショギ氏は今年6月に、82才でお亡くなりになっております。

しかし、ROXYの背景にそんな逸話があったとは、知らなかっただけに、とても感慨深いです…。

ちなみに、億万長者アドナン・カショギとの愛人生活の詳細は、ジル・ドッドの著書『The Currency of Love』(直訳すると、愛の通貨)に記されております。

そんな本日のスラング英語は、ジルの言葉より a hooker。

売春婦、娼婦という意味の名詞です。

ジルのような高級娼婦よりも、お安い感じの方たちに使うスラングです。

リアーナの新彼氏はサウジのトヨタを牛耳る御曹司、ハッサン・ジャミール

堕ちたフィギュアスケーター、トーニャ・ハーディング現在の姿と、「ナンシーケリガン事件」を描いた映画『I, Tonya』

ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加