海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo2
今回のネタ、ちと古くて1週間くらい前のものです。
時間がなかったので、本日になってやっとこさ、書きました…(今さらか!)

アメリカ人写真家で、セレブリティフォトグラファー、ファッションフォトグラファーとして有名なテリー・リチャードソン(52)。

セクシーといえば聞こえが良いですが、過激な性的描写を作風とするフォトグラファーであります 

ミランダ・カーやケイト・モスなどのモデルはもちろんのこと、ビヨンセやレディー・ガガといった大物ミュージシャンの写真を手掛ける他、マーク・ジェイコブスやトム・フォードなどのデザイナーズ・ブランドも常連顧客だったわけであります。

ファンでなくても知っている人も多い、マイリー・サイリスの『レッキング・ボール』のミュージックビデオ。

マイリーが素っ裸で、ボールにまたがっているあのプロモーションビデオを監督したのも、このテリー・リチャードソンです。

すっぽんぽんは、ここには載せられないので着衣で 
photo2
そんな大物セレブフォトグラファーのテリー・リチャードソンですが、ファッション業界ではもう何年も前から、セクハラ疑惑がありました 

数件などではなく、数百件レベルの疑惑…
そして未成年に対するセクハラの疑惑などもありました… 

下はオタク顔に似合わず、数々のタトゥーを入れているテリー・リチャードソンと、バナナを頬張りあう、私のツーショット(←嘘つけ!ハンガリー人モデルのエニコ・ミハリクやろ!)

ちなみにテリーも私(エニコだってば!)も、裸です 
photo2
てか、もう見るからに、ヘンタイのかほりがするじゃないですかー。
見た目で判断しているのではなく、なんか、変なギラギラしたスケベヤローなオーラが、滲みでていまっせ。

当のテリーは、ずっとその疑惑を否定してきたわけでありますが、ここ最近ハリウッドで論争を巻き起こしている、大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインの一連のセクハラ騒動の余波を受け、セレブ業界、ファッション業界に、厳しい規制、風潮になってきたんですな。

そして10月23日。
『ヴォーグ』、『ヴァニティフェア』、『GQ』のなどを傘下にもつコンデナスト・インターナショナル社が、テリー・リチャードソンが手がけた作品の破棄と、今後の起用を禁止 

事実上、ファッション業界からの追放  でございます 

大手コンデナストがテリー・リチャードソンを追放したということは、テリーのこれまでのセクハラ疑惑を認めたも同然ですな。

若手モデルたちは、事務所が取ってきた仕事なので、エロすけこまし写真家から、きわどい性的なポーズを求められたり、撮影中に触られたり、撮影後にお誘いを受けたりしても、なかなか断れなかったはず。

売れるためには我慢しようとか、事務所に怒られるという不安などで、嫌なことを我慢してきたモデルたちも多かったはず。

元・売れっ子グラビアアイドルだった身として(←そんな過去ないやろっ)、気持ちが痛いほど分かります

まあ、ミランダ・カーのように、金のためだったらなんでもするようなモデルも、中にはもちろんいると思いますが 

ミランダカー、元愛人のアジア人が政府の資金を横領で、高級アクセサリーを返却

今回のコンデナストの追放措置について、世間の反応は以外にも辛口。

「何年も前からテリー・リチャードソンのセクハラを黙認してきたくせに、今さら偽善者ぶりやがって」と、VOGUEやヴァニティフェアなどの雑誌への非難が、ソーシャルメディア上にたくさん溢れておりました。

確かに、今さらっちゃ今さらです。
でも、今後の被害が軽減できるので、一応、コンデナストの追放措置は支持したいと思います。

ケイト・モスとテリー・リチャードソン。
photo2
ということで本日のスラング英語は、テリー・リチャードソンへ贈る perv。

変態のことです 

ミランダ・カーの2017年の年収と、長者番付の順位を発表!


変顔ケイト・モス、眉毛が吊り上がりアングリーバードな件


90年代の元祖スーパーモデルたち5人が大集合!ヴェルサーチ没後20周年記念

ミランダカー、元愛人のアジア人が政府の資金を横領で、高級アクセサリーを返却



ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加