海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo2
次々と出てくるハリウッドのセクハラ疑惑から、本日は大御所、ダスティン・ホフマン(80)。

いつまでも『レインマン』のイメージのダスティン・ホフマンですが、まだご存命だったんすね 

水曜日、セクハラ疑惑について謝罪を表明したダスティン・ホフマン。

セクハラ容疑の内容から説明すると…

時は1985年。
ダスティン・ホフマンのドラマ『Death Of A Salesman』(セールスマンの死)の撮影現場。

製作アシスタントのインターンとして、撮影に参加した、当時まだ高校生だったアナ・グラハム・ハンターが撮影に加わった初日に、足のマッサージを頼んできたダスティン・ホフマン。

仕方なく、足のマッサージに及んだ17才のアナ。

17才の女子高生に、自分の汚い足のマッサージを頼む中年オヤジなんて、それだけでも勘違いヤローですが、ダスティン・ホフマンはアナに対して、妙に慣れ慣れしく、お尻を掴んできたり、セックスについてアナに聞いてきたり、アナがいる前で話したり。
photo2
極めつけは、ある日、ダスティン・ホフマンの朝食のメニューを聞きに行ったアナに、

「固ゆでのゆで卵と、半熟のクリト  ○スが食べたい」

と、満面の笑みでアナにオーダーしたダスティン・ホフマン。

伏字にしてもキモ過ぎて、吐く、吐く、吐く!
おまいなんぞ、生卵を顔面にくらえっ!

たとえこれが自分の彼女や嫁、30代の大人の女性に向けた発言であったとしても、気持ち悪い&引きますが、これを17才の女子高生に言うなんて、許せませんな。

この1985年に起きたセクハラ疑惑につき、水曜日に謝罪を表明したダスティン・キモマン。

"I am sorry. It is not reflective of who I am."

謝罪の最後を「申し訳ありませんでした。これは私の本来の姿ではありません」という言葉で締めましておりますが、

それが変態ジジーな、おまえの本来の姿や! と言い返してやりたい。

ということで本日のスラング英語は gross。

キモイ、です。

実父からレイプ、渦中のケビン・スペイシーの兄ランドルが語る残酷な幼少期

追放!セクハラ写真家テリー・リチャード、ファッション業界が起用を禁止

鬼畜!イケメン・ゲイ美容師、出会い系サイトでエイズを故意的にまき散らし起訴

祖父からのレイプを告白のティム・ロス『ライトゥミー嘘の瞬間』


スパイスガールズのメルBが告白、鬼畜夫! DV夫!『スパイス・ガールズ』メル・B、ベビーシッターを妊娠・堕胎させ3Pを強要、拒むとSEXテープの流出を脅迫


ラスベガス銃乱射事件のサイコパス犯人、スティーヴン・パドックは不動産成金でアジア人好き

ジョンベネ殺害事件から20年、新事実と兄バークの不適切な笑みインタビュー動画 

【続編】ジョンベネ殺害事件の真犯人は兄バーク、両親が隠ぺい工作の新証拠の数々はこちらから



ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加