海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo2
ちょっとマジメで重たい本日 

『ジェームス・バルガー事件』の被害者、ジェームス・バルガーくんの母、デニス・ファーガスさんが、辛い胸の内・心境を語った本を出版されるとのことで、ご登場。

『英国史上、最も残酷な少年犯罪』と称された、誘拐・殺害事件『ジェームズ・バルガー事件』をまずは手短におさらい。

1993年2月13日に、イギリスはマージーサイド出身の男の子、ジェームス・パトリック・バルガーくん(当時2才)が誘拐され、殺害されるという事件が発生。

ジェームスくんを誘拐し、虐待し殺害したとして逮捕、有罪となったのは、当時なんと10才の少年2人、ロバート・トンプソンとジョン・ヴェナブルズ(日本語表記だとヴェナブレスなんてなっておりますが、ヴェナブルズです)。

冒頭の画像の、両サイドの少年たちが、逮捕当時の2人の画像。

この犯人の2人の10歳児が、ジェームズくんに与えた残忍な虐待を一部紹介すると、リーズ・アンド・リバプール用水路にて、ジェームズくんを頭から突き落とし、頭部と顔を負傷させ、

事件前に盗んだ青いペンキをジェームズくんの左目に投げつけ、体や顔を殴る蹴るし、レンガや石をジェームスくんに投げつけ虐待。

ジェームズくんの口にはバッテリー(乾電池)が押し込まれ、警察の取り調べによると、バッテリーはジェームスくんのお尻の穴にも、いくつか押し込まれた可能性があるとのことでした。

検死で確認された、ジェームスくんの怪我の数は42にも及び、最期は、2人の少年が10キロもある鉄の棒をジェームスくんに落とし、その棒が頭部を直撃、直接の死因は頭蓋骨の骨折でした。

繰り返しますが、わずか2才だったジェームスくんに、これらの虐待を行ったのは、当時10才だった2人の少年です。

これだけでも想像を絶するくらいむごいわけですが、極めつけは、息を引き取ったジェームスくんの遺体を 自分たちの虐待の証拠隠滅目的で、線路に横たえ、ジェームスくんの頭部をがれきで固定。

列車が遺体をはねれば、事故死として取り扱われるとう目論みだったわけです。

あいにく、走行した列車は線路に横たわっていた、小さなジェームスくんの遺体には気づかず、失踪・誘拐から2日後に見つかったジェームスくんの遺体は、上半身と下半身が切断された状態でした 

何度も言います、この凶悪な犯行を行ったのは、当時10才だった2人の少年です。

逮捕・起訴された2人の少年、ロバート・トンプソンとジョン・ヴェナブルズは、同年1993年の11月に有罪が確定。

刑期についてはすったもんだがあったものの、結局は、2人の少年は8年の刑期を終え、18才の時に釈放されています、新しい身分とともに。

そうです、こんなにも残忍な犯罪を犯したのにも関わらず、たった8年の刑務所暮らし、釈放の際は、更生と安全の確保のために、新しい名前・身分を与えられ、普通の暮らしをしているわけであります。

日本だけではないんですな、被害者よりも加害者の権利が尊重される、バカげた法律制度って。
どこまでもやるせない事件です。

さて、新しい身分と第2の人生を与えられ、今年2018年に35才となる犯人2人の現在はというと…

ジョン・ヴェナブルズは、2010年に刑務所に出戻り。
児童ポルノ所持の容疑で有罪になり、2年間の実刑をくらっております。
photo2
その後、2度目となる新たな身分を与えられたジョン・ヴェナブル(どこまでも腹が立つ、司法制度!)。

2017年、去年11月に再び児童ポルノ関連の容疑で逮捕。

先日の1月5日に起訴されております。

「更生」なんてするわけないんですよね、こんな悪魔が。

しかも、当時は10才だったという年齢を考慮され、プライバシーが保護され、新しい身分を得たわけです。

35にもなって、児童ポルノで起訴され、それでもプライバシー保護で、名前も写真も報道されないって、腹が立つのを通り越して、怒りで気が狂いそうです。

2人の少年犯人たちについては、育った家庭環境が劣悪だったこともあり、ジェームズ・バルガーくん事件当時は同情の声も少なからずありましたな。

でも厳しいことを言えば、育った環境が悪かろうが、人のためにまっとうな人生を送る努力をする人だって、たくさんいるわけです。

被害者や被害者の家族の身になれば、家庭環境を言い訳にしたり、加害者の年齢を言い訳にされるのは、たまったもんじゃありませんな。

もう1人の犯人ロバート・トンプソンは、ゲイであることをカミングアウトし、長年に渡る長期のパートナー(男性)と、幸せに暮らしているそうですよ。

ほいで当の本人・罪人が、身分を偽り、のほほんと暮らしている頃、さらなる悲劇が… 

2012年、スコットランドに7年前に引っ越した、スコット・ブラッドレーさんという36才の男性が、「ジェームズ・バルガーを殺したロバート・トンプソン(の新しい身分、現在の偽りの姿)だ」と、疑いをかけられ、

凄まじい嫌がらせを受けた挙句、遂に自殺を図ってお亡くなりになりました。

もちろん、このスコットさんはロバート・トンプソンではないわけであります。

加害者のプライバシーが保護されているせいで、まったく罪のない、まったく事件と関係のない人間が、犯人の新しい身分と決めつけられ、壮絶な嫌がらせを数年に渡り受け、挙句、自ら命を絶たざるを得ないなんて。

犯人たちのプライバシーが保護されず、新しい身分が公開されれば、もちろん犯人たちが壮絶なイジメやら、嫌がらせを受けるわけです。

イジメや嫌がらせを擁護する気はサラサラありませんが、ひどい仕打ちを受けても仕方なくね?っつう、ひどいことしたのだから、自業自得でしょうがって話です。

まったく関係のない人が濡れ衣を着させられ、命を絶ってしまうなんて、怒り心頭です!

さて、長くなりましたが、実はここからが本日の本題 


被害者ジェームス・バルガーくんのお母様、デニス・ファーガスさんが1月25日に、著書を出版されます。
photo2
『I Let Him Go』、「私が息子を離した」みたいな直訳になりますが、このタイトルには2つの意味が込められている感じ?

1つは、息子ジェームスくんの手を実際に離したのが、母デニスさんだったこと(下で説明)。

もうひとつは、「私が彼を逝かせた」「死に追いやった」みたいな意味ですな。

著書の中で、母デニスさんが心境を事細かに語っております。

ジェームスくんは、ニュー・ストランド・ショッピングセンターのお肉屋さんで、母親のデニスさんが、お財布を取るために、それまでずっと握っていたジェームスくんの手を離した一瞬の隙に、2人の少年に連れさられました。

少年たちがジェームスくんの手を引き、ショッピングセンターや市内を歩いているところは、防犯カメラにも収められている他に、38人もの目撃者がいます。
photo2
んが、うちたった2人の目撃者のみが、犯人の少年2人に、顔に怪我を負い、泣きながら歩いているジェームスくんについて、問いただしました。

しかし、少年たちが「今から弟(ジェームスくん)を連れて、警察に行くところです」と答えたために、誰も不振に思わなかったんですな。

2人の幼い少年(10才)が、2歳児を誘拐、虐待、殺害するなんてこと、誰も想像しなかったからであります。

以前もインタビューの中で、母デニスさんは、ジェームスくんの体がとても小さかったため、特注の棺を用意しなければならなかったこと、

棺に納められたジェームスくんの顔を最後に、もう一度見たいと申し出たものの、警察からあまりに外傷が酷いため「やめておいた方が良いです」と諭されたので、顔を見たり、抱きしめたりの最後のお別れさえできなかったこと、

実際、自分の息子ジェームスくんが2人の少年たちに何をされて、どんな最後だったのか知ることが辛いので、虐待内容の詳細について、あえて知らないでいることなどを語っていたデニスさん。

ジェームスくんの前に女の子の子供を授かったものの、死産に終わり、深い悲しみに暮れた2年後に授かったのがジェームスくんだったために、とてもとても息子を可愛がっていたこと、

ジェームスくんの事件当日に関しては、「もしあの時○○していれば」という、無数の後悔があることなども含まれており、読んでいて、本当に辛い胸の内が伝わってきて、とても悲しくなるご本です。
photo2
しかし、事件を風化させないために、そしていつか過剰な少年法やら、加害者のプライバシーを保護するこのバカげた法律なんぞが廃止される日がくるようにと、多くの人に知っていただきたい、思いだしていただきたい、考えていただきたい事件・著書でございます。

ちなみにデニス・ファーガスさんの著書『I Let Him Go』の売上金の1部は、ジェームスくんの名前が付けられた、『ジェームズ・バルガー・メモリアル・トラスト』という、犯罪被害者のための団体へ寄付されます。

【後編】ジョンベネ殺害事件 真犯人は兄バークの裏付け パイナップルをめぐる喧嘩の暴力で事故死・両親が隠ぺい工作の新証拠


【前編】ジョンベネ殺害事件から20年、新事実と兄バークの不適切な笑みインタビュー動画 

マデリンちゃん(イギリス人美少女)失踪事件の詳細と最新情報

カルト殺人鬼チャールズマンソン、渋滞で刑務所から病院へ。息子たちの現在


新事実!マイケルジャクソン、少年愛、同性愛、未成年虐待・児童ポルノ所持の歪んだ性癖の新証拠

アシュトンカッチャー元恋人の残虐殺人事件。犯人はサイコパス

モーガンフリーマンの孫娘、残虐殺害事件、犯人は彼氏

ニッキーミナージュ、レイプ容疑で逮捕の兄に保釈金

『glee』のパック、マークサリング、児童ポルノで正式に起訴!最高で懲役20年


ジェイクロイド(スターウォーズのアナキン役)統合失調症で刑務所から精神科へ

ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加