海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo2
スウェーデンの大手激安家具小売りチェーンストア、IKEAの創設者、イングヴァル・カンプラード氏(91)が悲報と、意外な裏の顔をひっさげてご登場。

IKEAと言えば、今や猫すらIKEAのベッドで寝る時代で、世界規模の激安家具ストアでありますが、

私が初めてIKEAというものを知り、訪れたのは、学生時代のアメリカでのことだったので、英語での呼び名「アイキア」で浸透していました。

だもんで、日本にIKEAが上陸し、日本人の友達みんなが「イケア」と呼んでいた時、「イケアってなんやねん、ブブッ 」とかって失笑していたのですが、

なんと本国スウェーデンでは「イケア」が正しい発音だと知って、ダサかったのは「アイキア」などと英語発音していた、自分だったのか! とショックを受けたことがあります。

何はともあれ、IKEAの創設者、イングヴァル・カンプラード氏が、91才でお亡くなりになりになったというニュースを聞き、

学生の頃、めっちゃお世話になったなーと思い、感謝の意を込め、イングヴァル氏の知られざる裏の顔をご紹介。
photo2
さて今や、世界49ヶ国に412店舗を誇り、総収益が33兆円を超える大企業となったIKEAの創設者イングバル氏。

さぞかしセレブでリッチな生活をしているかと思いきや、私生活では15年間乗り続けたという、1993年製の白いボルボを運転し、古着を着用。

野菜と果物の買い出しは、スーパーで見切り品(値下げ)セールの始まる午後に行き、

ヘアカット(散髪)は、安く済むので、発展途上国へ行った時に行うという、ドケチ・節約生活をしていたというイングヴァル氏。

奥様に懇願され、休暇でフランスやイギリスを訪れることはあっても、飛行機はエコノミークラス。

イギリスではタクシーの乗らず、バスを利用という、庶民のような生活をしていたと言います。

先に述べたように、IKEAを創業したのは、1943年、イングヴァル氏が17才の時。

失読症であるにも関わらず、学業を頑張ったご褒美に、父親からもらったお金を会社(IKEA)の登録費に使用。

当初は新聞にて、メールオーダーの家具販売の宣伝をし、注文を受けた家具を牛乳販売のカートに乗せて、配達をするという商法。

1953年には、家具販売のショールームを持つまでに。

しかし転機が訪れたのは1956年。

引っ越し業者が、テーブルの脚を外して運ぶのを見て、組み立て式の家具を販売しようと思いつき、今のIKEAとなっていったわけであります。

今でこそ、億を超えて兆を稼ぐ大手チェーン店と成長しましたが、暗い歴史もあります…

1960~1990年の間に、旧東ドイツの政治犯の受刑者たちを強制労働で使用していたと、2012年に暴露されたり、樹齢600年のロシアの森林を伐採し使用している、と噂されたことも。

私生活では結婚歴は2回、5人の子供がおり、そのうちの1人は、IKEAのマットレスの上で授精・授かったという噂があります 

また、先に述べたように、15年愛用している古い愛車、ボルボ以外に実はポルシェのコレクションがああり、住居としているバンガロー以外にも、実は複数の豪邸を持っているという、事実もあります 

また、IKEAを創業した1943年(つまり17才の時)に、スウェーデンのファシスト党に入り、熱烈なナチス信者だという事実も、新聞で暴露されたことがあります。

この件については、1994年に広報を通じ、イングヴァル氏がIKEAの社員に、「(ファシスト党に入ったことは)人生最大の過ちであり、非常に後悔している」と発表したものの、

脱党することはなく、2011年の暴露本内では、ファシスト党のリクルーターとして、ナチス信仰にますます力を入れている、などと書かれておりました。

学生の頃、何気なく、そして何も考えずに、安くてけっこう使えると言う理由で、たくさんお世話になったIKEAに背景に、知られざる過去があり、びっくりでございやした。

何はともあれ、偉大な発明家(?)、企業家であったイングヴァル氏のご冥福をお祈りいたします。
photo2
そんな本日のスラング英語は flat pack。

直訳の flat(平ら)、pack(詰める)を考えると分かるように、IKEAなどで販売されている、平らな箱に入った、組み立て式の家具のことです。

私、flat pack の組みたて、めちゃくちゃ好きでしたよ!
組み立て式家具の競争とかあったら、多分トップ3に入れるくらいの、自信があります(←なんの自慢にもならねー)

トランプ暴露本『FIRE AND FURY』(炎と怒り)!負ける気でいた大統領選、妻メラニア夫人のヌード写真流出騒動、冷めた夫婦間…。整形ビフォー・アフター写真


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加