海外セレブから学ぶ テストには出ない英語☆おもしろスラングリッシュ

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪

photo
お久しぶりのご登場はトム・クルーズ(55)。

ボトックスで顔がパンパンやら、偽ケツ(尻パッド)疑惑やらで忙しかった2017年(過去記事参照)。

トム・クルーズに年々似てくる美人な娘、スリちゃん(11)には、1度も会うことができませんでした 

パパに激似!スリ・クルーズ、11歳の美人顔と子供っぽいファッションが意外にも高評価(デカリボン健在)

と言うより、トム・クルーズはこの5年間、娘スリちゃんとは1度も会えておりません。

ファイヴイヤーズ!(5 years)

前妻ケイティ・ホームズが、トムが愛するカルト『サイエントロジー』と手を切らないかぎり、スリちゃんが未成年のうちは、父親であるトムに会わせないことになっているわけです。

過去記事でも紹介しましたが、この点ではケイティ・ホームズは、とても常識人であり、かなりあっぱれ!な決断なわけであります。

5年も会っていなくても、自分に激似の10代の娘に、トムも会いたくないわけがないですな。

ほいで最新号の『スターマガジン』(信憑性5% )が報道しているのが、トム・クルーズが娘スリちゃんに会うために、サイエントロジーを脱退するのではないか、という報道なのであります… 
photo
サイエントロジーありきで、今のスターダムまでのし上がったトム・クルーズ。

過去のインタビューでも、「サイエントロジーがなければ、今の(大スターとしての)僕はありえなかっただろう」と本人が語るくらい、サイエントロジーを溺愛し、恩義を感じているわけです。

しかもサイエントロジーの信者、サイエントロジストとして30年間も生きてきたトム・クルーズ。

そんな簡単に手を切れるわけがないんですな。

30年続いた愛人と手を切るのだって難しいのに、金やらしがらみやらその他諸々が絡み合う組織の宗教と縁を切るのなんて、ますます難しいに決まってます。

しかもサイエントロジーを敵に回す勇気なんて、なかなか出ないですよねぇ。

縁切り神社にお参りするくらいじゃあ、宗教とは縁が切れませんし…

そんなこんなで、サイエントロジー脱退こそ、トム・クルーズ最大のミッション・インポッシブル!(←上手いこと言った感で自己満足
photo
まあスリちゃんが18だかその辺を過ぎて「成人」となったら、パパに会いに行こうがなんだろうが、本人の自由になりますけれどね。

個人的には、サイエントロジストのパパになんて会いに行かないでほしい 

そんな本日のスラング英語は $cientology。

「Scientologyの綴り、タイポしてまっせ」と思った方、これは「あえて」です。

過去何度も紹介したように、クソお金がかかる宗教(いやカルトだけど)として有名なサイエントロジー   

Sを$(ドルマーク)に変えて、皮肉を込めたスラングな綴りでご紹介。

 
パパに激似!スリ・クルーズ、11歳の美人顔と子供っぽいファッションが意外にも高評価(デカリボン健在)

トム・クルーズの呪縛、5年間恋愛禁止からの解放!ケイティ・ホームズ、彼氏ジェイミー・フォックスとの交際をやっと公に

整形失敗のトムクルーズ、過剰ボトックス&フィラーで顔がパンパンに

尻パッド疑惑?トム・クルーズ、映画『ワルキューレ』の大きなお尻が今さら話題に

カルトを絶賛!トム・クルーズが語るサイエントロジー

ニコール&トムの離婚の背景にサイエントロジーの圧力


ニコールキッドマン、49歳のヌードがボディダブルかと話題のドラマ「ビッグ・リトル・ライズ」

ニコールキッドマン、アカデミー賞での変なエアー拍手の理由とは

ニコールキッドマンの夫、キースアーバンのドラッグ依存の過去をディーラーが赤裸々告白

ニコールキッドマン、老けた?痩せた?フェイスリフトの不自然なシワ


ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加