海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo


再びご登場は、第45代アメリカ合衆国大統領、ドナルド・トランプ氏(71)。


木曜日。
ウェストバージニアへ向かうため、大統領専用機、エアフォースワンご搭乗の途中を撮られたトランプ氏。

この日はお天気に恵まれたものの、風が強かったため、ご自慢のブロンドヘアーが乱れ放題 


大統領本人は、悟りの境地に達したのか、毅然とふるまっております(?)。

photo

北野武監督の『その男、凶暴につき』のパクリで、『その男、強風につき』って感じですね?


ヅラ疑惑が消えないトランプ大統領ですが、こちらは飛ばないように、お手手で抑えている感じ?

photo

そんな本日のスラング英語は a bad hair day。

直訳だと、髪型が決まらない日。


女子にありがちですよね?

寝癖がおさまらないとか、どう頑張ってブローしてもハネる日とか。

んが、実際の bad hair day の意味は、髪型関係なく、なにもかもがうまくいかない日、という意味です。

ありますよねー?

朝起きたら寝癖MAX、しかも鼻にでっかいニキビができていて、駅まで走る途中、新しいヒールなのに犬のウンコ踏んじゃって

信号は全部赤で、会社につけばハゲ上司に濡れ衣で怒られ、

同僚に「うちのハゲ上司、まじムカつくべ」とメールしたつもりが、間違ってハゲ上司本人に送信しちゃって、クビ覚悟でうなだれて

いじけて会社のデスクで、鼻のニキビをいじっていたら、お気に入りの営業君に、鼻をほじっていると誤解され、

「違うんです、ニキビを触っていただけですー 」って必死に弁解したけど、

「大丈夫だよ、僕も鼻ほじったりするから 」と笑顔で言われ、誤解が解けぬまま…  

極めつけは会社帰りに、そのオキニの営業君が、隣の課の大和なでしこ的な女子と、ご飯行くところに遭遇した、

大和なでしこの肌はニキビなんて一切なしで、陶器のようにキレイでやがる

ちくしょー、もうオレは死ぬっきゃないっ  

みたいな日を bad hair day と言いますねん。


売名行為?ドナルド・トランプと不倫したAV女優ストーミー・ダニエルズ、大統領との性行為と脅迫を赤裸々告白

トランプ暴露本『FIRE AND FURY』(炎と怒り)!負ける気でいた大統領選、妻メラニア夫人のヌード写真流出騒動、冷めた夫婦間…。整形ビフォー・アフター写真


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加