海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪


photo

アンジェリーナ・ジョリー(43)が、再び偽善っぷりを発揮しながらご登場 

2017年時点で、4万人以上もの死者を出した、テロ組織ISISからのモスル奪還作戦。

そんな戦地イラク北部のモスルの難民キャンプを16日に訪れたのが、

国連難民高等弁務官事務所の特使という肩書を持つ、アンジェリーナ・ジョリー大先生。

難民キャンプで過ごす、親を亡くした子供たちのふれあいやら、戦地の悲惨な状況やらを動画におさめ、発表したわけであります。



そんな「ヒューマニタリアン」なアンジーの行為に、ソーシャルメディアには批難が殺到。

というのも、このモスル訪問の数日前に報道されたのが、元夫のブラッド・ピットとの、泥沼親権争いの最新情報。

その都度、過去記事で詳細を説明してきましたが、カンタンに要点をおさらいすると… 

ブラピが共演者や、ロシア人売春婦たちと浮気をした、と主張するアンジー。

また、ブラピがマリファナとアルコール依存で、子供たちに暴力を振るったという報道で、

ブラピをすっかり悪者にし、自分を「国連特使」の「聖人アンジェリーナ」に仕立て上げ、

マスコミと世間をすっかり味方に付け、養子と実子、合わせて6人の実質的な親権を持つことに成功したアンジー。


父親であるブラピと子供たちの面会は、シャレにならないほど厳しく制限。

詳細はこちら 

監視付き面会!アンジェリーナ・ジョリー、泥沼離婚劇で6人の子供の単独親権を取得。ブラッド・ピットはセラピスト監視付き面会のみ許可の謎


その後も、ブラピの子供たちあての携帯メールを監視したり、電話を監視(盗聴?)していたとして、

この度、裁判官がアンジーの過剰な監視と、不条理な面会制限に苦言を刺し、

ブラピが子供たちと過ごせる時間を増やすように命じ、アンジーがこれに準じない場合は、

母親であるアンジーの親権を剥奪し、父親であるブラピに親権を与える…

という警告を出した云々というのが、これまでの流れであります。


この報道により、子供たちを自分のエゴにより、コントロールし、規制しまくっているアンジーに批難の声が殺到。

そしてその数日後、突然のごとくイラクのモスルを訪れ、いきなり聖人ぶっているアンジーに世間がドン引きしている、という話でございます。

「現場から東海林(しょーじ)がお伝えしました」改め、「現場からジョリーがお伝えしました」状態の、アンジェリーナ・ジョリー大先生 

photo

ソーシャルメディアでの世間の声をまとめると…

「いつものパターン。都合が悪い報道が流れると、必ずこうやって『偽ヒューマニタリアン』行為を報道して、好感度アップ」とか、

「超フェイク!!」

「マスコミ向けのPR」

「なんで(難民キャンプに)カメラを持ってく必要があるわけ?真のヒューマニタリアンは、人目につかないように、こっそり地道に活動するだろ」

「人の子を訪問してる暇があるなら、自分の子たちを父親(ブラピ)に会わせてやれ」

「けっきょくのところ、『私を見て、見て、見て』って自分を宣伝してるだけなんだよね」

「ただの自己満足。戦地の子供たちなんて、アンジェリーナ・ジョリーが誰だか知ってるわけがない」などなど。

photo

もうほんと、みなさんがおっしゃるとおり!

けっきょくのところ、アンジーとか(アマル夫人とか)のことを『ヒューマニタリアン』なんて、呼んではいけないんですよね。

本人たちは、もしかしたら本当に世のためとか、人道的行為と思って行っているのかもしれませぬが、

はたから見れば、ツッコミどころが満載で、矛盾だらけ。

そんな本日の英単語は self-absorbed。

直訳だと、自分自身を吸収したという形容詞ですが、意味的には自分自身の考えや活動、行動に酔った、という意味で、

ナルシストに似ている意味です。

アンジーはナルシストでもありますが、自身の「国連特使」という活動に酔っているところや、

独自の考えに酔いしれているところなんか、ものすごーく self-absorbed だなー  なんて思いますな。


撃沈ブラピ… 新彼女候補の美人教授ネリ・オックスマン、本命の彼氏ビル・アックマンはヘッジファンドの億万長者!

お忍び訪問写真!ブラッド・ピット、新彼女と噂の美人教授ネリ・オックスマンの仕事場を訪ね、生徒にインスタでバラされる

アンジェリーナ・ジョリーの初インスタグラム(インスタ・デビュー)が、はじけ過ぎな件 『マレフィセント2』


バスト論争勃発!アリシア・ヴィキャンデルの『トゥーム・レイダー』がファンから酷評の理由 胸の小さいララ・クロフトで何が悪い!

整形50回!イランのアンジェリーナ・ジョリーことサハル・タバール、整形失敗でゾンビ顔も鼻はニセモノ?

復縁?アンジェリーナ・ジョリー、禁酒中のブラッド・ピットとの離婚を取りやめか?

アンジェリーナ・ジョリー、ブラピとの離婚を初めて語るインタビュー&フォトショップ修正の表紙ヴァニティフェア



にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加