海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

『華麗なるベッカム家』シリーズの本日… 


むか~し、昔、おじいさんは山へ芝刈りに行き、

デイヴィッド・ベッカムさんは、人工のテニスコートを建てちゃいましたよ!というお話。


イギリスのコッツウォルズにある、8億9千万円相当の、華麗なるベッカム一族の自宅。


そこへ今年の5月に、テニスコートを建てたい!と、建築許可を申請していたデイヴィッド・ベッカム。

申請は無事にとおり、この度、その人工芝のテニスコートが完成いたしました!

ってか、でけぇ! 
photo

ソーこと、クリス・ヘムズワースの家も、度肝を抜くほど巨大だったけれども、

ベッカムの家(というか敷地)も、パネェって感じですね!

なんだか、畑のど真ん中に、テニスコートがある感じ?


あれ?
デイヴィッド・ベッカム、サッカーフィールドじゃなくて、テニスコート建てたん  と疑問の方、

この人工芝のテニスコートはですね、ベッカム家の次男、ロメオ(16)のために建てたものなんすよ!


華麗なるベッカム家の中でも、群を抜いてイケメンな、ロメオおぼっちゃま。

サッカー界の大スターだった父と、世間の期待をみごと裏切り、

プロのテニス選手になりたいそうです 

photo

大人のエゴとしては、ベッカムの息子が、サッカー選手になり、

活躍する姿を見たかった感が否めませんが、

自分の期待や夢を押し付けなかった、デイヴィッド・ベッカムの

人となりはご立派ですが、16才の我が子のために、

自宅に440万円相当のテニスコートを作っちゃうとかって、やっぱり親バカっすよねぇ?


世間の反応はけっこう冷たくてですね、

16才から、テニスに本腰を入れても遅すぎるので、

プロのテニスプレーヤーにはなれない、という厳しい声や、


セレブのお子として何不自由なく、ぼんぼん育ちのロメオには、

ハングリー精神や、逆境を乗り越えてきた、みたいな強い精神力が足りないから、

プロのスポーツ選手になるのはムリだ、という声も

ソーシャルメディアに多く寄せられておりました 


修造さん、どう思います?

photo

そんな本日のイディオム英語表現は hand (something) to (someone) on a silver platter。

直訳だと、銀の大皿に乗った〇〇を誰々に差し出す、渡す。


これはつまりですね、とっても高価なものや、価値あるものを無償で、

誰かにあげることを意味し、日本語で言う、お膳立てをする、という意味です。


受け取る側は、お金も努力もなにも必要ないんですな。


今回のロメオも、父ベッカムが、専用のテニスコートや、

専属テニスコーチやら、すべてを用意してくれるわけです。

セレブのお子なので、当然っちゃ当然ですけれどもね。


セレブのコネと特権を活かし、テニス界のスター、アンディ・マリーとロメオのツーショット。


photo

ハゲ対策!デイヴィッド・ベッカム、薄くなった髪をスプレーで地肌ごと濃くして、香港と中国を訪問

珍しく微笑みまくりのヴィクトリア・ベッカム、毎日70万円の損失で大赤字の自身のブランド10周年も、新作のスリットパンツが大不評

いぬ以下?ベッカム、ヴィクトリアのヴォーグ表紙の家族写真から仲間外れ… 笑わぬ妻は破局説を必死に否定

老け顔ブルックリン・ベッカム、パーソンズ美術大学中退(退学?)で暇? 母ヴィクトリア・ベッカムが遂にカメラの前で笑った!

『華麗なるシュワ家』の異端児… アーノルド・シュワルツェネッガーの息子クリストファーのぽっちゃり写真に、同情の声がたくさん!
  

デカッ! クリス・ヘムズワース、愛妻エルサ・パタキーと建設中の8億円の家が、ショッピングモール並みにデカイ件


テニス界のイケメン兄弟!ミーシャ&アレキサンダー(サーシャ)・ズベレフ兄弟のプロフィール

ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加