海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

英国王室ネタな本日、イギリスのヘンリー王子(34)と、新妻メーガン・マークル(37)のご登場。


イギリスのロイヤルファミリーと言えば(イギリスに限らず、各国の王室)、

複数の側近がいるのが当たり前ですが、

なんでもメーガンとハリー王子に仕えている側近たちが、

次々に辞めていっている…という噂(事実)でございます 


まず今年の夏、2003年からプリンス・ハリーの個人秘書として仕え、

王子の「右腕」と称されていた、エドワード・フォックス氏(下の写真)が退職しました。

photo

次に、メーガン・マークルの個人秘書だった、メリッサさんが退職。


さらにさらに、ハリー王子とメーガン・マークル、カップルの秘書である

サマンサ・コーエン氏(下の写真)も退職が決まっています。


サマンサ・コーエン氏は、英国王室に仕えて17年。

それがメーガンとハリー王子の秘書となって、わずか6ヶ月で退職の意を表するなんて…

photo

ロイヤル・ファミリーの側近やら個人秘書やらの職なんて、

なかなかゲットするのは難しいポジションですよねえ?


お仕事内容は、我々庶民には想像もつかないくらい、難しいこともあるのかもしれませんが、

待遇もそれなりに良いはずです 

「王室の側近」という肩書も、特別感・キラキラ感が満載じゃないですか 


3K(←死語?)、きつい・汚い・危険 or 給料安い…な仕事に追われている、

我々パンピーにしたら、喉から手が出るくらい、ウラヤマなお仕事ですよね 


しかもその職に何年間も就いてきたのに、メーガンとハリー王子が結婚してから、

つまりメーガン・マークルが王室に入ってから、

わずか半年足らずで、重要な側近が3人も相次いで辞めるなんて、

これは一概には偶然とは、呼べないのではないでしょうか… 


気取りがなくて、性格もよさそうに見えるメーガン・マークルですが、

側近の方々からしたら、何か鼻につく感じでもあるんすかね?

photo

そんな本日の英語表現は annoying、あのいんぐ。

「鼻につく」を英語にするなら、私だったら annoying を使うかなーといった感じです。

イラッとくる人や、ウザい人や事などを表す時にも使える表現です。

ing が付いていますが、動詞の現在進行形ではなくて、形容詞でっせ。


腹黒い同意書?! メーガン・マークル、元夫トレヴァー・エンゲルソンに突き付けた要求とは

国民激怒!メーガン・マークル、ヘンリー王子との子供のために、あのセレブたちも御用達のベビーシッターを雇う

妊娠3ヶ月でお腹ぽっこり?! メーガン・マークル、ヘンリー王子との第1子妊娠で予定日は?オーストラリアご訪問

決定的瞬間! キャサリン妃、英ユージェニー王女の結婚式で、風に吹かれてスカートが舞い美脚を露わにするも、周囲の反応は?

「アソコが裂けた」キーラ・ナイトレイ、出産経験談でキャサリン妃の産後をディスり、好感度ガタ落ち!

初公開!キャサリン妃、若き頃の泥酔写真をセレブ写真家マックス・バターワースが大流出!世間の好感度は逆に上昇

カメラは見た! 英ロイヤルウエディングに招待され出席した、ヘンリー王子の元彼女チェルシーの顔写真がネットで話題に


ポチっとされるとやる気を出すタイプです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加