海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

お久しぶりのご登場は、60才になったドルフ・ラングレン 


以前ご紹介したように、肉体派というだけでなく、頭も良い頭脳派でもあるドルフ・ラングレン。

しかも、あまり劣化していないイケメンっつーことで、

かっこいいジジイ、抱かれたいジジイ代表 


さて、アメリカでは11月21日に公開となった映画『クリード2』。

ボクシング映画なので、個人的には嫌いでもなければ、大して興味がないのでありますが、

注目されているのは、映画『ロッキー4』の宿敵、

シルベスター・スタローン(ロッキー)と、ドルフ・ラングレンが演じた

イワン・ドラゴの夢の共演・復活ですね 

photo

映画の話はおいておいて(←てきとーか)、そのドルフ・ラングレンが、

若い時のやんちゃっぷりを、かなりぶっちゃけて語ってくれております。


ドルフ・ラングレンと言えば、ジャマイカ出身のスーパーモデル(兼シンガー、兼女優…その他いろいろ)、

グレース・ジョーンズと交際していたことが有名ですね。

2人でのマッパのヌード写真なんか、今拝見しても、

ハードコアすぎて、絶句っす 

photo

グレースとの交際を振り返り、下記の様に語ったドルフ・ラングレン。

「グレースはよく女友達を連れて帰ってきて、

3Pやら乱交やらをさせられたもんだよ。

1番多い時で、5・6人の女性の相手をさせられたねぇ。

次の日、早朝から仕事がある時なんて、辛かったなぁ 

ロッキーの撮影で、スタローンと闘わなくちゃいけないのに、

ベッドでたくさんの女性の相手をするのは、体力的にも辛かったよね


ええっ
ドルフ兄さん、ご乱交とかされてたんすか?

やだ、呼んで欲しかった。
私も参加したかった(←違う)


また当時、セレブたちの間で蔓延していたドラッグ事情について、

「当時、グレースの仲間たちは、みんなハードドラッグをやっていたんだ。

コカインとかクラックコカインとか、クサを吸ったりとかね。

ぼくはドラッグの知識が全然なくて、筋トレばっかりしてたよ」

と語り、続けて

「まだドラッグが社会問題になる前の話だけどね。

80年代のニューヨークでは、レストランでも堂々と、

コカインなんかをキメることができてたんだよ。

お店の人も何も注意しない、そんな時代だったよねぇ

と、当時の思い出に浸って(?)おりました。

photo

筋トレがあって良かったですね。

筋トレ(&ベッドでの夜の筋トレ)で忙しかったので、

薬に手を出さなかったのかもしれませんね。

お薬に手を染めなかったので、還暦を迎えても、劣化せずにダンディなのかもしれません。


ほら私って、ジジ専でもなければ、

金髪好きってわけでもないじゃないですかあ?(←知らんがな)

ドルフ兄さん(じいさん)は、別腹だわー 

ステキやわー 

抱かれてあげても良くってよー(←上から目線)だわー。


てか下の写真、これで60って、どういうこと?

鼻血が止まらなくて貧血になったら、

責任とって、ドルフ兄さんに抱いてもらおうじゃないか!(←違う)

photo

そんな本日の英語表現は fantasize、ふぁんたさいず。

ファンタ(グレープとかオレンジとか)のサイズの話ではございやせんよー。

今回のネタの意味で使うと、ドルフ兄さんで(エロい)妄想をするとか、

あーんなことや、こーんなことを想像する、夢見る、というような意味でございます。

「今宵、ドルフでファンタサイズ  

あ、CMのキャッチコピーに使えそう…(なんのCMだよ)



劣化なし!ドルフ・ラングレン、59才の肉体。元妻アネットと美人な娘アイダ画像

えっ!本当に70代?! シルベスター・スタローンの劣化しない肉体美の秘密は、ステロイド?

いろいろ濃すぎ! シュワちゃんと二股浮気した、スタローン元妻のブリジット・ニールセン、54才の妊娠・臨月!アル中・泥酔写真

シルベスタースタローンの娘たちが美人過ぎる件&妻は全身整形

「かっこいい中年」伝説のサーファー、レイアード・ハミルトン、54才の肉体美と半生を紹介! 水面浮遊のサーフボード eFoil(イーフォイル)

意外? IQ(知能指数)が高いセレブ紹介

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加