海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

お久しぶりのご登場はジョニー・デップ(55)。

さて、去年2018年の10月頃から、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の最新作、

続に言う『パイレーツ・オブ・カリビアン6』に、ジャック・スパロウ役の

ジョニー・デップが出演しない、という噂がまことしやかに流れておりました 

そして12月に、やはり次回作のパイレーツには、

ジョニデの出演がないことが、正式に発表されました。

要はクビですな、事実上の 

photo

そしてこの度フォーブスが、パイレーツの最新作にジョニデが出演しないことにより、

製作サイドは、日本円に換算し、約70億円もの節約ができると報じております。

と言うのも、前作『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッド・メン・テル・ノー・テイルズ』での

ジョニデのギャラが、日本円にして約70億円だったためですな。


映画1本で70億円も、お給料がもらえるのか… 

つくづく自分の給料と比べて、やってらんねーなあ!って感じっすね… 

photo

好感度が下がる一方のジョニデですが(アンバー・ハードってさげまんでしょ?)、

海外でのソーシャルメディアの反応は、

「ジョニデがパイレーツ・オブ・カリビアン(カリブの海賊)なのに、そのジョニデが出ないってどいうこと?」

「ジョニデなしのパイレーツなんて、見る気しないね」

「70億円の節約?ジョニデが出演しないなら、興行収入も見込めないから、逆に赤字になるわよ」

などなど、思いのほか、ジョニデ擁護発言がたくさん寄せられておりました。

確かに、ジャック・スパロウ役のジョニデは、最高でしたよね 

しかもジャック・スパロウのいないパイレーツなんて、もはやパイレーツ・オブ・カリビアンではない!


そんな本日のスラング英語は axe。

斧のことですが、動詞で使うと、(仕事などから)切る、クビにするという意味で使えます。


『世界で最もハンサムな顔100人』1位はアクアマンのジェイソン・モモア、2位は防弾少年団、最下位はレオ様 女性版『最も美しい顔』1位にティラーヌ・ブロンド―再び

お家賃、月240万円! ケイト・モスとジョニー・デップの元愛の巣、NYのアパートが入居者募集 住所公開

おでこが広すぎ!ジョニデ娘リリー・ローズ・デップ、顔の半分以上がおでこな件&大根足 映画『A Faithful Man』あらすじ

ジョニー・デップ、離婚の決め手は嫁がベッドにしたウ〇チ?! アンバー・ハードは愛犬のフンと主張

ちょっと残念?ジョニー・デップの息子ジャック(ジョン・クリストファー・デップ)の私服&リリー・ローズはすっぴん

ジョニー・デップ、劣化と衰弱は病気ではなく、元妻アンバー・ハードのせい?!

重病説は息子だった!ジョニー・デップの激ヤセの原因は、子供ジャックの病気による心労か


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加