海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

またまたご登場は、サセックス公爵夫人ことメーガン・マークル(37)。

いや~メーガンは、本当にネタが尽きませんね!


さてさて今回は、実はメーガン・マークルが、
インスタグラムの極秘アカウントを持っていた、という話だす 


ヘンリー王子との婚約を発表して間もなくの2018年の1月、

ソーシャルメディアをすべて断ち切ったメーガン。

プリンス・ハリーと結婚し、イギリス王室のメンバーになるわけですから、

インスタだ、フェイスブックだ、ツイッターだ、

マイスペースだ(←古っ)、ミクシーだ(←なんでやねん)って、

ソーシャルメディアに、うつつを抜かすしている場合ではないからですな。

んが、今回の報道によると、実はメーガンはインスタグラムに、

親しい友人たちとの交流のために、極秘のプライベートアカウントを作って持っていた、というんですな。

確かに、下のインスタからの写真は、左手薬指にプリンス・ハリーからもらった指輪が。

photo

しかし、ソーシャルメディアで毎日のように取りざたされる、


自分に対するネガティブなコメントや批判、ゴシップ報道にうんざりし、

「精神的に良くない」と言う理由で、2018年のクリスマスに、そのインスタの極秘アカウントも削除したそうです。


ふむふむ、なるほど… 

って、ん?なんか話が変じゃね?

親友たちと連絡をとったり、友達の近況を知るために、

インスタに極秘アカウント、プライベートアカウントを作って持っていたんですよねえ?


それなのにソーシャルメディアでの、自分に対するアンチ発言や報道に、

精神的に疲れて、そのアカウントを削除したんですか?

ちぐはぐ感がすごい。
理由が理由になっていない… 

仲の良いお友達たちが、インスタでメーガンに、アンチコメントや批判をつけるとは思えないので、

要はインスタやら他のソーシャルメディアを使って、自分に対するゴシップや、世間の評価などを

きっと積極的に、見つけたり読んだりしていたんでしょうな。

自分で批判を探して読んでいるにも関わらず、それらが苦痛になり、

全てのソーシャルメディアをシャットダウンするために、

友人たちと連絡を取るために持っていた、インスタの極秘アカウントも削除した、

というのが本当の理由ではないでしょうか。

お友達とエレベーターの中での1枚。
photo

ほんと、ソーシャルメディアって毒っすよねぇ。

ソーシャルメディアがまだそんなに盛んでなかった昔に、タイムトリップ~!

故ヒース・レジャーも!人気ハリウッドセレブの秘蔵写真公開!ソーシャルメディアが普及する前のクラブは、スターで溢れていた…


白のソファーに犬と赤ワインって、危険な組み合わせや…
photo


そんなこんなの本日の英単語は nomophobia、のもふぉーびあ。

これは no mobile phone phobia、つまり携帯電話(スマホ)がないと不安を感じたり、

携帯をチェックできない状況などに、恐怖心をおぼえる、現代病のひとつです。

常にスマホでソーシャルメディアをチェックしていないと気が済まない、

携帯電話依存症の人も、これに当たります。

日本より海外の方がモラルが希薄な分、ヤバいんじゃないですかね?

私なんて先週、ランチにテイクアウトのブリトー(注文してから巻いてくれるやつ)を買いに行ったのですが、

私のブリトーを巻いている最中に、
巻き人(店員)のスマホが鳴って、そやつがポケットからスマホを取り出しチェックして、

そのまま私の大切なブリトーを触りやがったので、潔癖っぷりを発揮し、返金してもらって帰ってきました。

ブリトーなんて30秒で巻けるのに、その30秒間すら、携帯を我慢できないんかい!っつう。

非常に腹が立った(そして減った)話である 

外国にいると、こういうのが日常茶飯事です 



義姉妹(嫁)対決! キャサリン妃とメーガン、1年間の洋服代にはなんと7倍の差!税金無駄遣いのメーガンに国民激怒

メーガン・マークル、今度は専属の女性ボディーガードが辞任!人気なしのサセックス公爵夫人は「一緒に働きづらい人」?

女優復帰なるか?! メーガン・マークルにドラマ『SUITS/スーツ』のレイチェル役を再出演依頼!数億円のギャラをチャリティに寄付で交渉

老けたのは顔だけ! ピッパ・ミドルトン、出産からたった3ヶ月で体型を取り戻し拍手喝采

葬りたい過去! メーガン・マークル、元夫トレヴァー・エンゲルソンとの結婚式の引き出物にマリファナ!証拠メールが流出

腹黒い同意書?! メーガン・マークル、元夫トレヴァー・エンゲルソンに突き付けた要求とは

毒姉の呪縛… メーガン・マークル姉サマンサ、父トーマスの余命宣告で脅しをかけるXmasカード

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加