海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

再びのご登場は、サセックス公爵夫人ことメーガン・マークル(37)。

先週の記事で、メーガンの親しい友人5人が匿名で、

メーガンが父トーマス・マークル(74)に、マスコミを巻き込むのはやめて欲しい

といった内容の懇願レターを送り、父からの返信が

「じゃあ一緒に(マスコミの前で)写真撮影してくれ」

という、分からず屋でアンポンタンな返信だった話をしました  

 分からずや! 娘メーガン・マークルの「私をマスコミの餌食にしないで」という懇願レターに、「じゃあツーショット撮影してくれ」と返信した父トーマス・マークルのダメっぷり

今回、そのメーガンが父トーマスに送った、手書きのお手紙の全内容が

公開というか、父トーマスによってリークされました。

photo

お手紙は2018年の8月、つまりヘンリー王子との結婚から3か月後に書かれたもので、

「Daddy」(パパへ)から始まる、5ページにも及ぶ長文です(まあ1枚が短いカード状のレターなのですが)。

しかも『バナナ事件』の時とは違い、筆記体で書かれているので、読みづらいったらありゃしねぇ 


全文は下記となりますが、すべてを和訳する時間も暇もないので、

いくつかのキーポイント(?)を和訳してみました。

Daddy,

It is with a heavy heart that I write this, not understanding why you have chosen to take this path, turning a blind eye to the pain you’re causing.

「パパへ

この手紙を書くのは、とても気が重いけれども、なぜパパがマスコミを巻き込むという選択をし、

私を苦しめていることに気づいていないふりをするのか、理解に苦しみます。

Your actions have broken my heart into a million pieces - not simply because you have manufactured such unnecessary and unwarranted pain, but by making the choice to not tell the truth as you are puppeteered in this. Something I will never understand.

You’ve told the press that you called me to say you weren’t coming to the wedding - that didn’t happen because you never called.

パパはマスコミに、私に結婚式には出席できないと電話したといったけれども、私はそんな連絡は一切受け取っていないわ。

You’ve said I never helped you financially and you’ve never asked me for help with is also untrue; you sent me an email last October that said: ‘If I’ve depended too much on you for financial help then I’m sorry but please could you help me more not as a bargaining chip for my loyalty’.

パパはマスコミに、私がパパに金銭的に援助をしたことが一切ないとか、

私に金の無心をしたことは一切ないと話したけれども、それも全部ウソ。

去年10月のメールでも、パパが「いつも金銭的にメーガンに頼ってすまないけれども、もっと援助してもらえないだろうか」って書いていたじゃない。

I have only ever loved, protected, and defended you, offering whatever financial support I could worrying about your health…and always asking how I could help

So the week of the wedding to hear about you having a heart attack through a tabloid was horrifying.

I called and texted… I begged you to accept help - we sent someone to your home…and instead of speaking to me to accept this or any help, you stopped answering your phone and chose to only speak to tabloids.

私はパパに電話やメールで、私の金銭的援助を受け取ってとお願いもしたし、パパの自宅にも人を送った。

でもパパは私と直接話す代わりに、私からの連絡を拒否し、マスコミに話すという選択をした。

If you love me, as you tell the press you do, please stop.

Please allow us to live our lives in peace.

マスコミの前で語っているように、もしパパが私を愛しているというのなら、

マスコミになんでも話すのは、お願いだからやめてください。

私たちに、平和で穏やかな生活を送らせてください。

Please stop lying, please stop creating so much pain, please stop exploiting my relationship with my husband…

お願いだから、ウソを語るのはやめてください。

お願いだから、私をもう傷つけないでください。

お願いだから、私とヘンリー王子の関係をマスコミの餌食にするのはやめてください。

I realise you are so far down this rabbit hole that you feel (or may feel) there’s no way out, but if you take a moment to pause I think you’ll see that being able to live with a clear conscience is more valuable than any payment in the world.

I pleaded with you to stop reading the tabloids.On a daily basis you fixated and clicked on the lies they were writing about me, especially manufactured by your other daughter, who I barely know.

私、パパにお願いしたじゃない、マスコミのゴシップを読まないでって。

でもパパは毎日のように、ウソやでたらめだらけのゴシップを憑りつかれたように読み漁っている。

特に、私にとってはほぼ赤の他人のような、パパのもう1人の娘(姉サマンサ)によって、でっち上げられたゴシップの数々を。

You watched me silently suffer at the hand of her vicious lies, I crumbled inside.

サマンサの悪意に満ちたウソの数々によって、私が苦しんでいるのをパパは黙って見てきた。

私の心は粉々に砕けているわ。

We all rallied around to support and protect you from day one, and this you know.

So to hear about the attacks you’ve made at Harry in the press, who was nothing but patient, kind and understanding with you is perhaps the most painful of all.

For some reason you continue fabricating these stories, manufacturing this fictitious narrative, and entrenching yourself deeper into this web you’ve spun.

The only thing that helps me sleep at night is the faith and knowing that a lie can’t live forever.

I believed you, I trusted you, and told you I loved you.

The next morning the CCTV footage came out.

You haven't reached out to me since the week of our wedding, and while you claim you have no way of contacting me, my phone number has remained the same.

結婚式の週を最後に、パパは私に1度も連絡をしてきていないわ。

それなのに、パパは私に連絡をする手段が一切ないと、マスコミにウソついた。

私の携帯番号は、変わっていないのに。

This you know. No texts, no missed called, no outreach from you - just more global interviews you’re being paid to do and say harmful and hurtful things that are untrue.


パパだって分かっているはずよ。

メールも不在着信もなにも、パパは私に一切、連絡してこなかったじゃない。

代わりに、マスコミからお金をもらったインタビューばかり受けて、

そしてその中で、事実ではないひどいことや傷つくことを喋っているだけ」


途中、いろいろと省略しました(だって長すぎやん )。

ヘンリー王子に対する中傷に対し、喝を入れている部分もありますが、その部分の和訳は省きました。



にしても…
手紙とかって、とっても個人的なものじゃないですか。


しかもそのお手紙の中で、娘が「マスコミを巻き込むのはやめてくれ」と

切実にお願いしているのに、その手紙を実の父親が、こうやってマスコミに売るわけですよ。

そして手紙の内容が、全世界に公開されてしまうわけです 

私が娘だったら、ざっけんなボケ! くらい思って、即効で父親を絶縁しますね。

何を言っても分からないヤツには、何を言っても無駄なわけです。

血の繋がりとか関係ないですよね。

絡めば絡むほど、自分が傷つくだけだし、時間も労力ももったいない 

この手紙リーク騒動では、さすがに嫌われ者のメーガン・マークルに、多くの同情の声が集まっておりました。

んが同情が集まったために、

「メーガンの広報が、メーガンに被害者を演じさせて好感度を上げようっていう、新しい作戦なのよ」

と言った見方も… 

本日は長文&和訳をしたので、スラング英語はお休みだす 



バナナ論争!メーガン・マークルの手書きメッセージ付きバナナを売春婦たちに配るチャリティが、逆に侮辱と批判殺到

毒姉の呪縛… メーガン・マークル姉サマンサ、父トーマスの余命宣告で脅しをかけるXmasカード

金銭目的は否定… メーガン・マークルの父トーマス、130万円の報酬を得てインタビューに応じ、ヘンリー王子に突き出した条件とは?

大波乱!メーガン・マークル、父トーマスがパパラッチと共謀したヤラセ写真を認め、結婚式は心臓発作でドタキャン?

メーガン・マークルのせいで、宮殿スタッフがアンチコメント修正&削除に大忙しの日々…

メーガン・マークル、インスタグラムの極秘アカウントを アンチからの批判に疲れ削除

義姉妹(嫁)対決! キャサリン妃とメーガン、1年間の洋服代にはなんと7倍の差!税金無駄遣いのメーガンに国民激怒

メーガン・マークル、今度は専属の女性ボディーガードが辞任!人気なしのサセックス公爵夫人は「一緒に働きづらい人」?


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加