海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

キム・カーダシアン(38)が再び、虚言癖をひっさげてご登場 

先週、キム・カーダシアンのメイクアップアーティスト、

マリオ・デディヴァノヴィックの「ザ・マスター・クラス」にて、

キム・カーダシアンが放った、美容整形手術を否定する発言が話題となっておりました。

"I never had my nose done. Everyone thought I did."

「私、鼻をいじったことは一度もないわ。みんな、私が鼻を整形したと思ったみたいだけど」

と語り、続けて

"Wait until I have kids because your real features come out."

「私が子供を産んだら分かるわ。(出産すると)本来の顔の作りが出てくるから

と意味不明で、おバカさんなことを語り、ソーシャルメディア上で

「妊娠して子供を産んだって、女の顔は変わらないわよ!」

という大批難を浴びてたキム・カーダシアン。

その後ツイッターにて、以下のように説明を付け加えました。

"I said you will see when I have kids, they will have the same nose as me."

「子供が生まれたら、子供が私と同じ鼻の形で生まれてくるから、私が整形かどうか分かるわよ、って言ったのよ!」

(いや、言ってないし)

photo

どうやらキム・カーダシアンは、

「鼻筋にある骨の出っ張りが、昔も今も変わらずあるでしょ!だから私は整形していない!」

と主張したいようでありますが、問題は、鼻筋じゃなくて鼻先やん?

photo

昔と今の写真を比べると、明らかに鼻先の形が違うやん?

鼻の穴の長さを比べたら、一目瞭然やん?

鼻尖縮小手術、してるやん?


てか鼻先もなんですけれども、顎も整形しているし、

おでこも整形後の方が、女性らしさを演出するために丸みを帯びているし、

フィラーも入ってるし、唇ももちろんやってるし、顔全体が違うやんけ!

てか顔に限らず、全身整形しまくりやんけっ!

ツーケー・ビフォーアフター 
photo

なぜここまでバレバレなのに、往生際悪く、整形を認めないんでしょうかねぇ?

重度の虚言癖か、頭が悪いかのどっちかですよねぇ 

多分、どっちもですよねぇ 


そんな本日のスラング英語表現は、私が去年お気に入りでよく使った表現、a few sandwiches short of a picnic。

直訳は、ピクニックに数が足りないサンドイッチ。

つまり、ピクニックのお弁当で、数が少し足りていないサンドイッチ状態。

要はオツムが足りない、頭がよろしくない、おバカさん  という意味です。

キム・カーダシアンにぴったりでしょ?



デリバリー依存? カイリー・ジェンナー、朝食はほとんど出前で。1年間に100万円の浪費、時にはニンジン1本だけのデリバリーも…

大不評! キム・カーダシアンの新グリル(歯のアクセサリー)はクロスとダイヤがびっしり

妊娠? キム・カーダシアン、第4子は男の子!代理母が春にも出産予定 わがままノースは大喜び

【セレブの豪邸】キム・カーダシアン、夫カニエから10億円のマイアミのコンドミニアムを買ってもらうに、自分で買った説

今年最後の大失敗? カーダシアン家勢ぞろいのクリスマスカードが、フォトショップ修正失敗だらけで失笑! 


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加