海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

お久しぶりのご登場はオーランド・ブルーム(42)とケイティ・ペリー(34)。


2016年1月から交際し、2017年3月に1度破局したオーリー&ケイティ。

その後、去年2018年の4月に復縁し、ふるち  んヌードなどを披露していた、おバカカップル。

金曜日、それぞれのインスタグラムにて、バレンタインデーに婚約したことを発表。

ケイティ。ペリーの母親、メアリー・ハドソンさんもフェイスブックにて、

2人の婚約を祝う写真とコメントを公開しております。

photo

ちなみに、オーランド・ブルームがケイティ・ペリーに贈った婚約指輪ですが、

中央のデカい石が、サクマドロップにしか見えないのですが

質の悪いルビーにしか見えないのですが、一部報道では

4カラットのピンクダイヤを、8つのダイヤモンドが囲っている

フラワーリングと説明しているので、質の悪いルビーではなく、

サクマドロップでもなく、ピンクダイヤモンドらしいです。

ちなみにお値段、日本円にざっと換算して3億9千万円と言われております。

んが、海外のソーシャルメディアでは

「これ、絶対4億(←円で)もしない」とか、

「私、宝石商だけど、この指輪で4億はないわ」

などなど、辛口意見が集まっておりました 

photo

ちなみにバレンタインのプロポーズは、オーランド・ブルームが

ケイティの両親に事前に、結婚の承諾を取り、家族と親しい友人たちが集まっていたものの、

何も知らずに、バレンタインのお祝いかと思い、アレッサンドラ・リッチの

ピンクのワンピースで登場したケイティにとっては、サプライズだったようです。


痩せた細木数子にしか見えないケイティ・ペリー 

photo

バツイチ同士で結婚が初めてというわけでもないのに、

しかも2人ともいい年なのに、こんなに盛大にサプライズプロポーズを演出するなんて…

何はともあれ、おめでとうございます 

長続きすると良いですね…?(←意味深か)


そんな本日のスラング英語は、本文と全く関係ないのですが、オーランド・ブルームのブルームにかけて、blooming。

今回の使い方はスラングで、不快感やイライラ感を表す時に使う、協調語的な使い方で、「とても」。

例えば a blooming hot day なら「めちゃくちゃ暑い日」といった感じです。


激おこ オーランド・ブルーム、舞台『キラー・ジョー』本番中にiPad撮影の客にキレる!

復縁!オーランド・ブルーム、元彼女ケイティ・ペリーとプラハ旅行

オーランド・ブルーム(客)とSEXしたウェイトレスのヴィヴィアン、クビになる

国外追放!ケイティ・ペリーのストーカーのポーランド人パウエル、有罪でアメリカから強制送還

ミランダカー、元愛人のアジア人が政府の資金を横領で、高級アクセサリーを返却


浮気?!オーランドブルーム、露出のセレーナゴメスと抱擁写真

半同棲のオーランドブルームとケイティペリー、キス写真

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加