海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

またまたご登場はサセックス公爵夫人ことメーガン・マークル(37)。


先週、5月6日に第1子を無事に出産したメーガン。

2日後には、ウィンザー城にて夫のヘンリー王子と共に、

ご長男をマスコミへに初お披露目し、お名前をアーチーと発表。

そして母の日の5月13日、アーチーの小さなアンヨを

プリンスハリーの母である故ダイアナ妃が生前、1番好きだった花、

勿忘草(ワスレナグサ)をバックにして撮った写真を

英国王室のサセックス公爵・公式アカウント(以前紹介した、メーガンとハリー王子の独立アカウント)に

母の日のメッセージとともにシェアいたしました。

photo

"Paying tribute to all mothers today - past, present, mothers-to-be, and those lost but forever remembered.

We honour and celebrate each and every one of you."


「世界の全お母さんたちへ捧げます。

過去、現在、これから母親になる方、そしてお亡くなりになっても、決して忘れることのできないお母さんたち。

みなさん1人1人に敬意を込めて、母の日をお祝いさせて頂きます」

"Today is Mother’s Day in the United States, Canada, Australia, New Zealand, South Africa, Kenya, Japan, and several countries across Europe.

This is the first Mother’s Day for The Duchess of Sussex."

「今日はアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、ケニヤ、日本、そしてヨーロッパの複数の国でも、母の日です。

サセックス公爵夫人にとって、今日は初めての母の日であります」

という文章が書かれているのですが、

この後半のメッセージが、英国民の怒りを買ってしまったわけであります 


と言うのも、メーガンの暮らすイギリスでは、

母の日は毎年、イースター・サンデーの2週間前の日曜日(つまり3月)。

つまり英国王室に嫁いだメーガンにとって、5月の第2日曜日は、母の日ちゃうやろ!

サセックス公爵アカウント、つまりイギリス王室の公式アカウントで、

イギリス国民にとって母の日でない日を祝うのは、間違っているだろ!

というのが、みなさんのお怒りの原因なんですな。


たとえば、日本で天皇陛下と雅子さまが

「ハッピーイースター!」とご挨拶したところで、

日本国民は総ポカン状態…みたいな感じですか?(←ちょっと違う)


メーガンに話を戻し…

もう1つ怒りを買っているのが、プライバシーを尊重して欲しいと要求しておきながら、

こうやって自分の都合の良い時だけ、自分の好んだ写真だけ

チョイ出ししているメーガンのやり方です 


メーガンは、ダイアナ妃やキャサリン妃が出産後、すぐに病院前で

生まれたての子供と共に、マスコミの前で記念撮影に応じるという、

英国王室のこれまでの習わしに反し、

出産した場所も非公開、マスコミへのお披露目も出産から2日後と、なんでも自分流。

プライバシーを尊重して欲しいと主張している割には、

王室の公式インスタグラムもメーガンが自分で書き(←あくまで噂ですが)、

自分の好きな写真だけシェアし、なんだかんだ言って「出たがり」、「セレブ(芸能人)気取り」。

そんな矛盾だらけの、自己流を貫きとおす姿勢が、

わがまま&伝統的なイギリス王室に相応しくないと、

ますます好感度が下がっているメーガンなのであります 

photo

ちなみにメーガンが、インスタのサセックス公爵アカウントを

自分で書いている説というのは、アカウント開設当初からありました。

代表的なものでは、コメントの中でオムツのことを diapers と記し、

(ダイパーはアメリカ英語で、イギリスでオムツのことをダイパーと呼ぶことはほとんどなく、通常ナッピーと呼びます)

またコメント内で使われている単語の綴りも s に代わり、z を使うアメリカ英語が度々使用されているからです。

(例えば、チャリティ団体に関するコメントで、イギリス英語の organisation の代わりに、

organization とアメリカ英語のスペルが使われていました)


この報道が4月に出た時、

「メーガンの側近とか、インスタを書いている人がアメリカ人って可能性もあるんでないの?」

と思ったりもしましたが、メーガンの性格からして、

恐らくこういうことは何でも自分でやりたい、自己流を貫きとおしたいタイプですよね 

よって、公式インスタアカウントを自分で書いている説、間違っていないと思います。


ちなみに今回の母の日のコメントも、We honor と、アメリカ英語綴りですね…

イギリス英語では honour とスぺる方が一般的ですからねぇ。


何はともあれ、お子を産んでも、まったく好感度が上がらないメーガンでありました  


そんな本日の英単語は forget-me-not。

ダイアナ妃の1番好きな花だったという忘れな草、myosotis の別称でございます。

ブルーで小ぶりで、キレイなお花ですよね 

センセーショナルで大胆なイメージのダイアナ妃の、

実は儚げで優しくて控えめ…という本質を表すようなお花ですな 

メーガンは薔薇とか好きそう 



生後2週間?! メーガン&ヘンリー王子、第1子アーチ―を初お披露目。お疲れ顔は自然分娩か

自宅出産の夢叶わず?!メーガン妃、男の子を無事出産!名前はまだ未定、お披露目は?

極秘出産済み? メーガン・マークル、エリザベス女王から口の利き方について、お叱りを受けた過去が明るみに…

出産間近のメーガン・マークルの赤ちゃん&子供時代の秘蔵写真は鼻ペチャでアフロ!

自宅出産希望? メーガン・マークル、フロッグモア・コテージで助産師による自宅出産でエリザベス女王に続け?

超豪華3泊4日で500万円!メーガン妃とヘンリー王子のベイビームーンはセレブ御用達ヘックフィールド・プレイス・ホテル

インスタ独立! メーガン妃、キャサリン妃&ウイリアム王子とは別の、インスタグラムの公式アカウント『sussexroyal』デビュー


わがままメーガン・マークル、宮殿スタッフが付けたあだ名は「ミー・ゲイン」

メーガン・マークル、今度は専属の女性ボディーガードが辞任!人気なしのサセックス公爵夫人は「一緒に働きづらい人」?

「わがままなプリンセス」 メーガン・マークル、個人秘書メリッサを泣かせて、辞職に追い込んだ?キャサリン妃との確執

返金確定? メーガン・マークルになりたくて、美容整形手術に300万円使った女弁護士の結果が残念すぎる件



にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加