海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

お久しぶりのご登場は第4代ロシア連邦大統領、ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン大統領(66)。

秘密の恋人(愛人)が、再び隠し子を産んだ説をひっさげております 


さて、私生活が謎に包まれているプーチン大統領。

長年の愛人と噂されているのは、ロシアの元新体操選手で、

世界選手権や、アテネオリンピックで金メダルを獲得したアリナ・カバエワ(36)。


写真はまだ若い時のアリナ嬢です 

photo

なんでもこの度、モスクワのクリニックで、双子を極秘出産したという報道が、

ロシアのメディア上に「一瞬」流れました。

クラコフ・リサーチ・センター・フォー・オブステトリックス(つまりはクラコフにある産婦人科)の、

VIP専用の4階全部が5月上旬に貸し切り、関係者以外立ち入り禁止となり、

そこでアリナ・カバエワがプーチン大統領のお子である双子を出産した、という報道が

ロシアの主要新聞社のオンラインニュースで流れたのですが、

その報道はすぐに削除されております。

速攻で削除って、余計に怪しいっつーの 


しかし他のニュース系ウェブサイトでも

「アリナ・カバエワが双子を出産後、姿をくらました」という報道があったり、

ロシア情報機関と親しいジャーナリストが

「アリナ・カバエワが男児の双子を帝王切開で産んだ」と報道しており、

プーチン大統領の隠し子報道が、再燃している状態であります。

まあ中には、

「アリナ・カバエワはただフェイスリフト(美容整形)で姿をくらましているだけだ。

プーチン大統領とお揃いで、整形顔になるんだ」

と言った報道も 

photo

ちなみに、隠し子報道「再び」と言うのは、

2015年にもアリナ・カバエワが、プーチン大統領のお子(男の子)を

スイスの病院にて極秘で出産した、という報道があるからですな。


2015年の妊娠中のアリナ・カバエワ。

くるよ師匠みたいになっていますが、マタニティーウェアです。

photo

プーチン大統領とアリナ嬢の愛人関係は、もう10年以上続いているという報道もあります。

プーチン大統領は、リュドミラ・シュクレブネワ夫人と30年間の結婚生活を経て、2013年に離婚。

プーさんとリュドミラさんの間には、2人成人した娘がおります。


そしてプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚後、

アリナ・カバエワが結婚指輪を着け、メディアの前に登場する姿が再び目撃されております。


リュドミラ夫人との間にできた娘2人もそうでしたが、

プーチン大統領は、自分の子供たちをマスコミの餌食にならないよう、

そして政治に巻き込まれないように、表舞台に出すことをほとんどしてきませんでした。

そういう姿勢は尊敬できますな。


下の写真は2004年のアテネオリンピック前に、握手をするプーチンはん(まだ大統領ではない)とアリナ・カバエワ。

もしかしてプーチンはん、この時に「ずきゅん 」と来てしまって、

「この手を2度と話すまい。なんとしても(私の政治力とカネの力を駆使してでも)

この美しいアリナを私の手元に置いておかなければ…」

と誓ったのかも知れません(←勝手な憶測と妄想です)

実際はアリナ嬢がもっと若い時に、出会っていると思われます。

photo

ロシアがらみのスラング英語がまったく思いつかなかった本日のご紹介は OB/GYN。

おびぎん?おびじん?お、美人?(←どれもちゃうわ)

OBは obstetrics(産科)または obstetrician(産科医)の略で、

GYNは gynaecology(婦人科で読みはガイニコロジー)または gynaecologist(婦人科医)の略で、

病院、クリニックがOB-GYNと表記してあれば、どっちもやってまっせ、ということであります。

産科と婦人科、何が違うの?と疑問の方、

一言で言うと、産科は赤ちゃんを産む方で、婦人科は子宮の病気やらを診る方です 

  

ノルウェー王室ピンチ! マッタ・ルイーセ王女、新恋人はバイのシャーマン(霊媒師)デュレクとインスタで紹介…。売名のために洗脳?

【おそロシア】やっぱカネでしょ! 元ミス・モスクワのオクサナ嬢、24才年上のマレーシアの王様ムハンマド5世と結婚!

長男アーチー誕生も、メーガン妃が嫌われ続ける理由…。母の日論争&公式インスタはやはり自分で書いている?


【衝撃おそロシア】両親を殺害したのは、ロシアから迎えた養子の息子11才

【衝撃おそロシア】やるせない話…。6才の娘をレイプ殺害しフェンスから吊るした鬼畜父、母は悲しみのあまり死去

【衝撃おそロシア】化粧ビフォー・アフター!ブラッドリー・クーパーの彼女イリーナ・シェイク、出産後のすっぴん写真がひど過ぎる件


【衝撃おそロシア】ホルマリンを静脈点滴されたロシア女性エカテリーナさん、医療ミスで死亡 とっても恐いロシア事情

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加