海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

ナタリー・ポートマン(37)がお気の毒さま~  でご登場。

さて、自叙伝を出版したアメリカのミュージシャン、リチャード・メルヴィル・ホールこと、通称モービー(53)。

その自叙伝『Then It Fell Apart』の中で、昔、ナタリー・ポートマンがハタチで自分が33歳の時に、

彼氏彼女として交際していたことがあると暴露。

これを受け、今週初めにナタリー・ポートマンが

モービーと出会ったのはハタチの時ではなく、高校を卒業したばかりの18歳の頃だと言い、

モービーが主張(妄想?)する、男女としての交際を否定、

「短期間友達だった時期があるけれど、交際はしていない」と言い、

モービーのことを「気持ち悪いオジサン」とぶった切りました 


これを受け、水曜日にモービーが『証拠』と主張する、

自分が上半身裸でナタリー・ポートマンと写っているツーショットを公開。

「ぼくとナタリーは付き合っていた!」と、しつこく主張(妄想?)し続けているわけであります。

photo

人を見た目で判断してらアカン…

でも申し訳ないけれども、上の写真、ペドファイルにしか見えんて… 

写真を見る限り、気持ち悪いオッサンが

美少女の前で上半身裸になって、一緒に写真を撮ってもらって、

ただただ気持ち悪いとしか言いようがない&ヘンタイの香りがプンプンする…

「こいつヤバいな」とか、「変な下心がありそう」ってぇのは、見た目に表れますよね。

にじみ出てくるって言うか。

モービーもそのパターンっすよねぇ。


ちなみに自叙伝の中で、2006年、ハタチだったラナ・デル・レイと飲みに行き、

ウォッカの勢いでエッチできるかと期待していたものの、キス止まりで、

ラナ・デル・レイからエッチはお断りされた、とも書いております。

いい迷惑ですな、ナタリー・ポートマンにしてもラナ・デル・レイにしても…


ということで、本日のスラング英語は既出ですが creepy。

キモイ、です。

ただし、気持ち悪いと言っても、吐き気や体調の悪い時などの気持ち悪さには使えません。

人や生き物などが薄気味悪い時に使うのが creepy です。



気、緩み過ぎ…。猫背・値札付きのシャーリーズ・セロン、すっぴん&スウェット姿の私服はダサいのか高いのか

劣化! キルスティン・ダンストの変貌がひど過ぎる件… 出産と豊胸手術で激太りか


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加