海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

お久しぶりのご登場は、ザ・好感度低いカップル、ジョージ・クルーニー(58)と嫁のアマル夫人(41)。

ダブルデートのお誘いをひっさげております 


先週の水曜日。

チャリティ団体『オメイズ』のYou Tubeに登場し、自身が創設した

『正義のためのジョージ・クルーニー基金』の資金集めのチャリティ活動の一環にて、

1名のファンとそのお友達をジョージ・クルーニーとアマル夫人が所有する、

イタリアのコモ湖にあるヴィラでの、ランチデートに招待することを発表したジョージ。

photo

つまり、じょーじとア〇ル夫人(←伏字にするの卑猥だからやめなさいって)と

ファンとその連れとで、ダブルデートという名目でございます。

そしてその幸運のファンは、じょーじとア〇ル夫人と一緒に記念撮影ができるそうですよ?


日本円にざっと換算し、14億円と言われるコモ湖のヴィラ 

自分たちの豪邸に、ファンをランチデートに招待はしてくれるものの、

お泊り会はなしで、ファンは4つ星ホテルに滞在だそうです。

コモ湖までの飛行機代と、4つ星ホテルの宿泊代は、じょーじとア〇ル夫人が支払ってくれるそうです。

ちなみに…
コモ湖にはたくさんの5つ星ホテルがあるのですが、ファンには4つ星ホテルを提供 

クルーニー夫妻、実はセコイんじゃないか疑惑が浮上しております 


海外ソーシャルメディアでは、

「何十万、何百万もする服や靴に身を包み着飾っている、偽善『人権派弁護士』(←ア〇ル夫人のこと)とのダブルデートなんて、お断りだわ」

「世間の感覚とかけ離れた2人の億万長者とのランチなんて、共通の話題もないし、つまんなさそう」

「自分大好き人間のナルシストな2人とのダブルデートなんて、すごく疲れそう」

「代わりに現金をくれよ」

などなど、相変わらずとっても人気のない夫妻でございました 

photo

そんな本日のスラング英語表現は Get over yourself!

使い方によっていろいろな意味があるのですが、今回は「うぬぼれてんなよ!」的な言い回しです。

チャリティのためとは言え、今回の企画はジョージ・クルーニーの、

「ぼくとアマルとランチデートできたり、写真撮影できたり、選ばれたファンは本当に幸せなヤツだな! 

的な感じが表れていますよね。

自分たちのことをすごい人、特別な人、雲の上の存在、とか思っているわけであります(ハリウッドの一流セレブなので確かに、すごい人たちではありますが)。

でも自分たちが思っているほど特別な存在じゃねーよ  という意味を込めて、

じょーじとア〇ル夫人には Get over yourselves!とお伝えしたい。


奇跡の軽傷!ジョージ・クルーニー、バイク(いやスクーターだし…)の衝突事故で危機一髪もかすり傷で退院

必死か? ジョージ・クルーニーとアマル夫人、ラブラブ結婚生活を熱弁も、世間は冷ややか!

私服がダサいセレブ!アマル・クルーニー(ジョージ・クルーニー嫁)の皮パンにデニムのファッションがヒドイ件

良い人?それとも偽善?ジョージ・クルーニー、親友14人にそれぞれ1億円づつプレゼントした経緯をシンディ・クロフォード夫が暴露

美容整形で超若返り!アマル夫人(ジョージ・クルーニー妻)産後2ヶ月の激変に、加速する代理母疑惑

アマル&ジョージ・クルーニー、双子エラ&アレキサンダーを連れてのプライベートジェット機旅行にまたも大批判集中

ジョージ・クルーニーとアマル夫人、人口受精で双子妊娠か

ジョージクルーニー、近所迷惑を無視した豪邸改造に住民激怒


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加