海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラング&いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

ダイエットを頑張っている人、自分はおデブだからと人生を諦めている人、必見の本日…


特にセレブネタがないもんで、肥満児から努力して筋肉ムキムキの消防士になった

サム・ローアン(30)の、(ダイエット)サクセス・ストーリーをお伝えしやす 


さて、欧米で昔人気のあった(←今でもやっているの?)ダイエット番組、

『The Biggest Loser』(ザ・ビゲスト・ルーザー)のオーストラリア版、シーズン3に出演していた、サム・ローアン。


2008年放送のシーズンに出演当時、まだ19歳だったサムは、

あどけなさの残る少年でございましたが、

その体重はなんと154kg。

肥満児、確定でございます。

日本だったら、ちょっとした幕下力士ですな  どすこーい

photo

ハードな肉体トレーニングに加え、毎日60㎞の距離を走り、

時間割で規則正しく制限されていた食事法に従い、

番組内(確かこのシリーズ番組は3ヶ月間とかですよね?)で、71kgの減量に成功したサムは、

19歳で史上最年少の『ザ・ビゲスト・ルーザー・オーストラリア・シーズン3』の優勝者になったそうです 


こちら優勝時の写真。

番組が始まった時は、Cカップの幕下力士だったのに、

終了時には陸上選手になっていた…的な大変身 

photo

あれから11年。

30歳になったサムは、今でも筋トレとヘルシーな食生活は続けているようですが、

シドニーの消防士さんとして、活躍していらっしゃるそうですよ?


えーっ!
背景、めっちゃ燃えてる!(←そこかよ)

photo

肥満児であどけない顔の、そしておそらく童貞(←いらんこと言うな)の少年が、

今じゃナイスバディのイケメン消防士になって、夜な夜なブイブイ言わせているなんて!

(ブイブイ言わせるはあくまで憶測です。そして確実に死語です)


今、体重や体型で悩んでいる青少年たちの、励みや目標になるんではないでしょうか。

あ、ちなみにサムは婚約解消の過去があり、今はフリーな状態で、

オンラインの出会い系に登録し、彼女を募集しているそうですよ 


「奥さんの火照ったカラダ、僕に消火活動させてください」とか言っちゃうんですかあ 

(そんなスケベジジーみたいなこと、言わんやろ

photo

なんにせよ、これから水着になることが増える季節に、

ダイエットへの士気を高める、ステキな話題でっしゃろ? (←自分で言うな)


そんな本日のスラング英語は loser。

スラングの意味では、負け犬、負け組の人を指す言葉ですが、

体重を減らしたという意味を込めての loser にもかけているわけです、The Biggest Loser という番組のタイトルは。

まあサムは loser どころか、いろんな意味で winner ですけれどもね。


整形か成長か激やせか… アリエル・ウィンターの激変が凄まじ過ぎる件&ビフォーアフター『モダン・ファミリー』

内臓はどこへ? キム・カーダシアン、激細ウエストのくびれに肋骨を抜いた疑惑&たるみまくりのヒザは未整形?

今年も閲覧注意!『オーストラリア消防士カレンダー2019』でイケメン消防士さんを拝む企画 Part 2

みんなカッコ良すぎて閲覧注意!『オーストラリア、イケメン消防士カレンダー2018』がアツイ!ヤバイ!セクシー!

にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加