海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

試験には出ないスラングや、いまどきの英語をおもしろ楽しくご紹介。 ハリウッドのゴシップニュース・芸能ネタ・海外セレブから、生きた英語を学んじゃおう♪



photo

『007』シリーズのジェームズ・ボンドこと、ダニエル・クレイグ(51)が

『Bond25』(仮題)の続報、撮影難航のお知らせをひっさげてご登場 


2週間ほど前(5月の後半)に、ジャマイカで行われている『Bond25』の撮影中に

足を滑らせ転倒し、足首をねん挫したダニエルおじはん。


あんよを怪我した後、撮影に復帰した際の、痛々しいダニエルおじはんの姿 

photo

主役の怪我なので、撮影がちょっぴり中断したのですが、今度は撮影セットで事故でございやす。

事故はロンドンのパインウッド・スタジオのスタントシーンで起きました。

爆破シーンの撮影だったようですが、火薬が多すぎたのかなんなのか、

壁のいたるところが、吹っ飛んじゃっています 

photo

セット内にいた人たちに、怪我はなかったようですが、

お外にいた人たちに、軽傷を負った方がいらっしゃるとのこと。

多分吹っ飛んできた壁が当たったとかですかね?

布団が吹っ飛んだならまだしも(← )、壁が吹っ飛んでくるのは恐いですなぁ。


大事には至らなかったのですが、撮影スタジオは一時閉鎖。

撮影も一時中止とのこと。

ダニエルおじはんが現場にいたかどうかは、明らかになっておりません。


怪我やら事故続きの『Bond25』、海外ソーシャルメディアでは

「呪われている~」

「駄作になる予兆だ」

「監督がダメだからこうなるんだ」

などなど、みなさん皮肉交じりでございました 

photo

そんな本日のスラング英語は、blow the doors off。

壁じゃなくて、ドアを吹き飛ばすという意味ですな、直訳だと。

スラングだと、何かが他のもの(off の後に続くもの)よりものすごく勝る、優れている、うんと良い、という意味があります。


豪華キャスト公開!007最新作『BOND25』ダニエル・クレイグの敵役には、『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレック!最新インタビュー動画

また老けちゃいました…。ダニエル・クレイグ、007最新作『ボンド25』の撮影に向け、老け顔・むくみ顔でロケ地ノルウェーへ出発

レア・セドゥ(激太り妊娠写真あり)が映画『007』25作目のボンドガールを続投!ダニエル・クレイグ ネタバレ含む

高齢出産に賛否両論?ダニエル・クレイグ妻、レイチェル・ワイズが48才で女の子を無事出産

レイチェル・ワイズ、夫ダニエル・クレイグの子供を48才で自然妊娠か

まるで蝋人形!劣化のダニエル・クレイグ、ボトックスで固まった顔で英国アカデミー賞へ

激変!ダニエル・クレイグ、最新作『ローガン・ラッキー』で金髪に。アダム・ドライバー

『007』ショーンコネリーに認知症説&整形しすぎの妻
 


にほんブログ村 芸能ブログ 海外芸能情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加